クモ蟲画像掲示板

38083
★ クモ関係の掲示板です。
★ 投稿方法は「使い方」を参照してください(絵文字入力不可)。
★ クモの種名を知りたい場合は撮影日・撮影地・体長を必ず記入してください。生息環境(屋内、公園、里山、山地、河原、海岸等々)・いた場所(路上、葉上、枝先、枝葉間、樹幹など)・行動の様子等、生態的情報も大変参考になります。
★ 投稿していただいた画像は『クモ画像集(下段「ホーム」リンク先)』に掲載させていただく場合があります。
★ 画像の著作権は投稿者にあります。無断転用は絶対にやめて下さい。
★ 当掲示板に不適切な記事内容の場合、お断りなく削除する場合があります。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

ハエトリです。 くま

2017/06/28 (Wed) 15:25:18

これも石垣島で見たものです。
低地の残地林で木の幹にいました。
タテスジハエトリでしょうか?
まだ、成体になりきっていない?
よろしくお願いします。

(2017.6.20 石垣島)

Re: ハエトリです。 - きどばん

2017/06/30 (Fri) 21:46:40

チャイロアサヒハエトリのように見えます。

Re: ハエトリです。 くま

2017/07/22 (Sat) 13:45:45

きどばん様、ありがとうございます!

ヒメスジハエトリほか - Marli

2017/07/10 (Mon) 23:51:59

こんばんは。
今年5月13日に、この掲示板でハエトリグモ幼体2種をお尋ねし、その時に
「成長を見守り、同じ場所の観察を続けます」
と書いたのですが、同じ場所に強い草刈りが入ってしまい、5月末ごろ見たのを最後に全く見かけなくなってしまいました。
ずっと観察を続けていましたが1ヶ月以上見かけないため、最後に見た姿を貼りたいと思います。
小さい上によく動くのでボケていますが。。

Re: ヒメスジハエトリほか - きどばん

2017/07/16 (Sun) 23:18:33

> 私がしばらく観察していたクモが連続してハチに狩られてしまいました。

獲物はフクログモの一種♂(無紋タイプなので画像での同定不可)、蜂はヒメクモバチの一種(肢を切り取っている)・・・ナミヒメクモバチかオオヒメクモバチ辺りのようですね。

※山道の柵支柱上にヤマシロオニグモ♀が外見正常のまま全く動かぬ状態で・・・「ん?・・・死んだばかり?・・・不自然な・・・」と思いつつ外雌器垂体を撮影していたら・・・

Re: ヒメスジハエトリほか - きどばん

2017/07/16 (Sun) 23:20:05

落とし主・・・というか「犯人」のオオシロフクモバチが現場に舞い戻って来ました。
※170707 東京都八王子市

Re: ヒメスジハエトリほか - Marli

2017/07/17 (Mon) 10:16:44

きどばん様、面白い画像の紹介ありがとうございます
クモバチは警戒しているものの諦める気はないようですね。

下の動画は、私のフクログモの一種がハチに処理されている時のものです。投稿ハンドルは違いますが同一人物です
私の悔しさが動画から伝わるかどうかわかりませんが未練たっぷりに撮影しました



蛇足ですが、私の投稿はいつでも全て転載OKのつもりで投稿しております。

Re: ヒメスジハエトリほか - きどばん

2017/07/20 (Thu) 20:59:07

> 下の動画は、私のフクログモの一種がハチに処理されている時のものです。

触肢先端は膨らんでいるけど完全に♀体型・・・♂亜成体のようですね。フクログモ、ハエトリグモ、ヤチグモ等で肢のないクモが運ばれているのは何度か見たことありますが、処理しているところは見たことありません。かなり時間をかけている・・・もっとスパスパ切ってしまうのかと思っていました。貴重な動画提供ありがとうございます。
ちなみに私はクモ屋ですが、クモがクモバチに狩られ、クモヒメバチに寄生されるのは「ごく自然な出来事」として受け入れています。

※コブクモヒメバチに寄生されたゴミグモ♀
 母グモはアウトですが、網に作られていた卵のうからは後日多くの仔グモが巣立っています。
 170707 東京都八王子市

Re: ヒメスジハエトリほか - Marli

2017/07/21 (Fri) 22:16:23

そうですね。。自分が毎日観察していた個体でなければ私もただ興味深く見ていられたんですが、知らず知らず情が移ってしまうようです
体表面をたんねんに口で調べるような姿に、何をしているのか気になって動画撮影しましたが、結局よくわかりませんでした。撮影が終わってからも私が立ち去るまでの数分間ずっと同じ行為を続けていました


写真は恐らくハラクロコモリグモ、子のせ姿は初めて見たので大変嬉しかったです

香港蜘蛛圖鑑 - くも子

2017/07/14 (Fri) 16:57:25

東京蜘蛛談話会ウェブサイト”2017年 クモ TOPICS”覧に紹介されていた首題の「香港蜘蛛圖鑑」です。
(香港は、1990年代に渡り鳥を観に繰り返し訪れた思い出深い探鳥地のひとつです。)

内容によくわからない部分もありますが、写真と印刷はきれいです。日本との共通種もたくさん、中にとても興味深いハエトリグモの写真が…

Re: 香港蜘蛛圖鑑 - くも子

2017/07/14 (Fri) 17:13:21

●毛蟲跳蛛 Unidentified(英Caterpillar-mimicking jumper、体長10mm)は驚きです。

ほぼ全身が長毛に覆われており、ちょっと見は毛虫そのもの。しかし大きな前中眼と蝕肢や歩脚が見えていて、表情は間違いなくハエトリグモ。

ウェブ検索してもヒットする情報がありません。写真は4枚(著作権の関係で転載できないのが残念です。)。

※本ハエトリグモに関する知見をお持ちの方は、ぜひご教示お願いしたいです。

Re: 香港蜘蛛圖鑑 - くも子

2017/07/14 (Fri) 17:39:45

●龍蝦蛛 Copocrossa sp.(英Lobster jumper、体長10mm)。

♂は全身ツヤのある灰色、細長タイプのハエトリグモ。斜め前方に伸ばした体長を超える第一歩脚先端が鋭い爪状になっている。♀は透明感のある白色、腹部上面に灰色のまだら斑。オスに比べ横幅があり、平たいエビ・カニのイメージ。太い第一脚をエビとかカニの様に、横に開いた姿。

葉裏の住居は半透明の白色、メスの姿が透けて見える。
写真は4枚。香港は今も英語が普通に通用する国ですが、図鑑にある英名の”ロブスター・ジャンパー”は通称のようですね。ウェブではヒットしません。

付)Copocrossa属のクモはほかにケニア、南ア、スマトラ、マレーシアなどに7種ほど? しかしあまり新しい研究は為されていないようです。
きちんとみていませんが、Type Speciesのオーストラリア・クイーンズランド産 Copocrossa tenuilineataの♂(黒い)♀(灰色)らしい写真は多数ヒットしますね。

毛蟲跳蛛 - くも子

2017/07/16 (Sun) 07:14:34

ネット上に公開されていた”毛蟲跳蛛”の写真を拾ってみました。(図鑑にある図像・写真はもっと質のよいものです。)

正に”毛虫のようなハエトリグモ”ですね。

Re: 香港蜘蛛圖鑑 - きどばん

2017/07/16 (Sun) 23:47:03

> ネット上に公開されていた”毛蟲跳蛛”の写真を拾ってみました。

画像が載っているサイトのアドレスをリンクするならいざ知らず、画像そのものを載せるのは完全に違法・・・なので画像は削除しました。ちなみに「クモ画像集」も法的には限りなく黒に近いグレーです。「投稿していただいた画像は『クモ画像集(下段「ホーム」リンク先)』に掲載させていただく場合があります。」と断ってはいますが、それで他人が撮った画像を自由に載せていいというものではありません。当掲示板を継続していく上で「暗黙の了解」を得ようとしているだけ・・・法的にはまったくの綱渡り状態です。画像撮影者から「すぐに削除しろ」という要請があれば即座に削除する必要があります。I田さんも「ほとんど黒にちかいグレー」をやっています。ご自身が撮った画像以外の投稿は絶対にやめてください。

Re: 香港蜘蛛圖鑑 - くも子

2017/07/17 (Mon) 03:21:51

大変申し訳ありません。大切な基本を忘れ違法行為をしたこと、大いに反省し改めることを誓います。ご迷惑おかけしました。

このクモさんのお名前を知りたいです - かんじ

2017/07/15 (Sat) 15:50:58

みなさま初めまして
自宅の玄関付近(アパート)にいたクモさんで結構大きいクモだったので種類が気になり検索をかけていた時にこの掲示板を見つけ、お邪魔しました
撮影地は岐阜県でアパートの二階の屋外の玄関付近にうろうろしていたのを発見しました
大きさは足を含めないとおおよそ20㍉程度
最初はインターホンのそばにいてビックリしましたが軽く息を吹きかけてみると一本の糸で自分をたらーんといった感じでぶらさげそんな焦ったような感じは見られませんでしたw
自身で調べた予想では、オニグモなのかなぁ?と思うのですが皆様のご意見を頂ければ幸いです

Re: このクモさんのお名前を知りたいです - きどばん

2017/07/16 (Sun) 23:23:53

> 自身で調べた予想では、オニグモなのかなぁ?と思うのですが皆様のご意見を頂ければ幸いです

かんじさんのご推察通りオニグモと思われます。
♂のようですね。

キオヒキグモ or キジロオヒキグモ ? - くも子

2017/07/03 (Mon) 09:31:19

一見よく似ており、わたし的にははてな?のクモです。

キオヒキグモ♀(170518沖縄県宮古島)
写真は同一個体。ご所見賜りたく、どうぞよろしくお願いします。

Re: キオヒキグモ or キジロオヒキグモ ? - くも子

2017/07/05 (Wed) 05:46:10

きどばんさん、ありがとうございます。

ご指摘を頂戴するまでもなく、添付した写真のどこについて知りたいのか、何をご教示いただきたいのか、判然としませんね。

6枚の写真は同一個体、撮った写真をみるとさまざまに見えます。いろいろあってサイズは測っておりませず、写真をご覧いただいて同定が可能かどうかがQ.
下面の写真は例によって外雌器を撮ったものではなく、同じコガネグモ類のナガコガネグモと比べ、外雌器や糸器、肛門などの位置がずいぶん違う、これも後に気が付いたのでした。
撮った写真の1.外雌器は、ぼんやりした黒点。拡大してもだめですね。参考書の図像と見比べられるレベルではありません。

キオヒキグモとキジロオヒキグモ♀成体の同定は、サイズのみでほぼ正確に可能…これも、参考書で知りました。

分布域を示す記録が特に同定の指標になること、後に知りました。八重山諸島が石垣・西表・与那国を指すこと。キジロオヒキの解説にある”八重山諸島未発見”の部分は、奄美・沖縄島までは記録があることを正確に示している。これも後日知りました。
遊絲34:11-12 [2014]採集情報で、キオヒキグモ♀が宮古島で見つかったという新しい記録も後に知りました。
両種の記録と図像は、クモ地図(仮)が拠り所。

グニャグニャ動き、いっ時もじっとしてくれないクモを撮った時の感触…のような記憶から、サイズ的に20~30mmまではなかったなぁと判断。クモはキオヒキグモ♀としてみました。
併せて、3.の黒点が何なのかもQ.です。




Re: キオヒキグモ or キジロオヒキグモ ? - きどばん

2017/07/07 (Fri) 23:35:48

> いろいろあってサイズは測っておりませず、写真をご覧いただいて同定が可能かどうかがQ.

「いろいろあって」・・・何があろうと関係ありません。サイズは見た瞬間に判断するものです。「図鑑」も様々で、生息環境とか同定ポイントが書いていないものはありますが、サイズが書いていないものはほぼ皆無・・・種を特定するにあたり極めて重要な要素だからです。「採る」人はサイズなど気にしなくて構わないのです・・・後でゆっくり正確に測れますから。「撮るけど採らない」かつ「種名を知りたい」人が「サイズがよく分からない」というのはいかがなものかと・・・。「美しいクモの写真を撮る」というのは機材や技術、知識と経験が必要です。ただ「サイズを測る」というのは誰であっても「心がけ」次第で何とでもなるものです。「サイズを測る」ということは「正確に数値を出す」ということではありません。「おおよそのサイズ」で十分なのです。クモ子さんには言わずもがなですが「ものさし鳥」という概念があります。それと同様に「ものさし蜘蛛」・・・「自分のよく知っているクモ」に当てはめればいいのです・・・無論昆虫でも構いません。私はオヒキグモを見たことないのでよく分かりませんが、今回の件ではオナガグモとマネキグモくらいのサイズの違いがあるのではないかと・・・。
あと、この画像を撮っているのはリコーCX6ですよね。画像の「プロパティ」を見れば焦点距離が分かります。このクモを撮った時と同じ条件・同じ焦点距離で「定規」を撮影して、「定規画像」と「クモ画像」を比較すればその対比からおおよその「クモの体長」を割り出すことができます・・・私は石神井公園時代によくやっていました。

※チュウカカニグモ♀ 170616 東京都府中市
 パッと見た時の印象は「ヤミイロカニグモよりやや大きい」「ヤミイロほど斑紋がうるさくない」ということ・・・出現期や生息環境・実績を加味すると外見で同定可能です・・・私の知っている場所であれば。

Re: キオヒキグモ or キジロオヒキグモ ? - くも子

2017/07/08 (Sat) 07:22:02

貴重なアドバイス、痛み入ります。
パッと見た時の印象が見慣れた「○○より大きいor小さい」…習慣づけたいものです。

話は違いますが、クモを飼育したことがないので、卵がクモのどこから出てくるのかイメージできません。書いたものを読んだことがない。常識?

昨夜は七夕、何年振りかで都内でも星を見ることができました。肝心の天の川は無理でしたが、こと座のベガ、わし座のアルタイル、東の空に双眼鏡で…

Re: キオヒキグモ or キジロオヒキグモ ? - きどばん

2017/07/15 (Sat) 04:20:29

> 卵がクモのどこから出てくるのかイメージできません。書いたものを読んだことがない。常識?

読んだことあるはずですよ・・・「クモの生物学」(吉倉1987)。
常識的にも生殖口以外考えられないかと(笑)

※アズマカニグモ淡色型♀(腹背ダニ付) 170707 東京都八王子市
 5月には同所でヤミイロカニグモが少なからず見られましたが当日はまったく・・・。ヤミイロとアズマの出現期は全国的にはばらつきがあり重なっているようにも感じられますが、同所的には同時期に出現しないのではないかと。斑紋的には千国図鑑の淡色型・谷川CDの濃色型とも背甲側縁がスッキリしておりヤミイロとは異なる印象を受けますが、日本のクモの「アヅマカニグモ」はどうも・・・やはりヤミイロとアズマを外見のみで識別すのは極めて困難なようですね。

Re: キオヒキグモ or キジロオヒキグモ ? - くも子

2017/07/15 (Sat) 05:36:54

> 読んだことあるはずですよ・・・「クモの生物学」(吉倉1987)。
常識的にも生殖口以外考えられないかと(笑)

健忘症症候群?の進行(~と、また言い訳している自分…に呆れています。)を笑ってください。
その本の索引に鉛筆で記しが、そして本文にもしっかりアンダーラインが引いてありました。

【至言】
>※チュウカカニグモ♀ 170616 東京都府中市
 ・・・出現期や生息環境・実績を加味すると外見で同定可能です。(抜粋)

>※アズマカニグモ淡色型♀(腹背ダニ付) 170707 東京都八王子市
 ・・・やはりヤミイロとアズマを外見のみで識別すのは極めて困難なようですね。(抜粋)

蜘蛛の種類 - これはなに?

2017/07/11 (Tue) 02:13:34

教えて下さい

蜘蛛の種類 - これはなに?

2017/07/09 (Sun) 02:23:10

おしえて!北海道在住!

なんだこれ! - 教えて教えて

2017/07/09 (Sun) 02:15:57

この蜘蛛は何ですか?北海道在住ですが朝車にくっついていました。

ベランダにいた蜘蛛 - 住宅地住まい

2017/06/30 (Fri) 13:40:51

ベランダに見た事ない蜘蛛がいて、種類が知りたいです。
画像の脚を折りたたんでる状態の全長は5cmくらいです。

Re: ベランダにいた蜘蛛 - きどばん

2017/06/30 (Fri) 21:48:29

> 住宅地住まい

アシダカグモと思われます。
何県にお住まいでしょうか?

Re: Re: ベランダにいた蜘蛛 - 住宅地住まい

2017/07/01 (Sat) 02:22:46

レスありがとうございます。アシダカグモなのですね!見た事あるアシダカグモとなんとなく違って見えて何かあまりいない種類のものかと思ってしまいました。ちなみに岡山県です。

Re: ベランダにいた蜘蛛 - きどばん

2017/07/04 (Tue) 23:02:13

> ちなみに岡山県です。

ありがとうございます。
岡山ならベランダに普通にいるでしょうね(笑)

初めまして くま

2017/06/16 (Fri) 11:21:08

初めて投稿いたします。
石垣島で5月に見つけたクモですが、種類がわかりません。卵のうが特徴的でかっこいいです。
残地林内のクワズイモの葉の下に巣を張っていました。大きさは1cm程です。
あまりいい写真ではありませんが、よろしくお願いします。

(2017.5.24 石垣島)

Re: 初めまして - きどばん

2017/06/17 (Sat) 21:25:32

全くの憶測ですが・・・卵のうはミナミウズグモ(網主不在)のもので、その周りに見られる小さな黒いものは出のう幼体、画像中央のクモはミナミウズグモの網に侵入したミナミオダカグモとか・・・ちょっと私のレベルでは難しすぎます。沖縄のクモに詳しいクモ子さんのご意見を伺いたいところです。

Re: 初めまして - くも子

2017/06/18 (Sun) 14:06:30

くまさん、はじめまして。

投稿された画像、拝見しました。難題ですね。
きどばんさんの洞察パワーには驚きを禁じえません。

見えているクモはミナミオダカグモ、卵のうはウズグモ類のものらしい…同感です。

沖縄県にはクメジマウズグモ(久米島)、オキナワウズグモ(沖縄島)、ミナミウズグモ(久米島、石垣島、西表島、与那国島)、ヤエヤマウズグモ(石垣島、西表島)、マツガエウズグモ(本州、石垣島、西表島ほか)などの棲息が知られておりますが、それぞれがほかの島にはいない…という研究がなされているわけではありませんから、記録がない島々でも新たに見つかる可能性は十分にあります。

クモの正しい同定は、やはり個々の個体ごとに、正しい手順で行うしか方法は思いつきません。私はその能力がありませんから、私の発言は申し訳ありませんが何の役にも立ちません。

クモの姿は変化に富み、写真に撮ってじっくり見ても似たものがあったりして結論に至らない場合が多いです。その姿やみつけた環境・季節、記録や前例を調べて推理する…その過程が楽しいと思っています。学者やベテランに教えを乞うことも勉強のひとつですが、自分で調べたり推理し考えるといった最も美味しい部分は大切にしたいです。

「はてな?のクモ」のフォルダの中身が増えるのはうれしいことですし、いつどこで見つけたかを記録しておくと、のちに名前が判った時の喜びが倍化します。

分類学者を目指す方は勉強と技術を磨くしか近道はなさそうです。これを楽しいと思える人は多くないかもしれません。

失礼しました。

(この5月に撮ったミナミオダカグモ♀です。クモはなかなかじっとしていてくれませんですね。長い歩脚を持て余し気味に見えたりします。)

Re: 初めまして くま

2017/06/28 (Wed) 15:12:14

きどばん様、くも子様、ありがとうございます。
言われてみれば、ミナミオカダグモっぽいですね。
卵のうばかりに気を取られ、その可能性が抜けておりました。

ヤバネハエトリ - くも子

2017/06/25 (Sun) 06:06:39

見た目が割りと地域的個性を示している写真をみつけました。

屈斜路湖畔のセイタカアワダチソウ群落中にたくさん。

♀の腹部がデーニッツハエトリに少し似ていますが、頭胸が違うので見分けがつきますね。大きさもかなり違います。

メス(120724北海道上川郡弟子屈町)

Re: ヤバネハエトリ - くも子

2017/06/25 (Sun) 06:09:13

同オス

長野県高地笹原に多産する本種との違い(腹部橙褐色斑紋の濃淡など)がみられます。

はてな?のクモ - くも子

2017/06/21 (Wed) 09:10:28

”はてな?のクモ”のフォルダに入れようと思っていたクモでした。アサヒかマガネアサヒか?

ハエトリグモHBに答えが…アサヒ(蝕肢も全体が暗色)、マガネアサヒ・蝕肢先端に至る部分(黒くない)とありました。

投稿写真のクモは蝕肢の構造を確認することなく、マガネアサヒハエトリのフォルダに。

(170606長野県下高井郡)

Re: はてな?のクモ - くも子

2017/06/21 (Wed) 13:34:49

悩ましいのは、千国図鑑2008(仮)に示されている図像。マガネアサヒハエトリ♂「黒色型」と「黄色型」。

♂は色彩変異があり、全く別種かと思われるものもある。♂は一般に黒っぽいものが多く、歩脚が♀に比べて著しく長い…

Re: はてな?のクモ - くも子

2017/06/21 (Wed) 13:46:09

今回のハエトリグモHB2017のマガネアサヒハエトリのページの解説では、ワカバネコハエトリとの区別点が不明確で、混同されている可能性がある。

(HB掲載)写真の個体もワカバネコハエトリの可能性がある…とあり、ほぼ全国から記録があるマガネアサヒハエトリであるが、謎は深そうです。

(クモの姿・見た目、スタンダードをどう考えて定め、変異の幅をどこまでにするか…”百人(十人)十色”があたりまえ。行き着くところは”種”の定義……ハハハ、自分が何を言っているのか判りません。失礼しました。)

Re: はてな?のクモ - きどばん

2017/06/23 (Fri) 05:33:41

すみません、昨夜書いたものは暴走です。
両種の識別は小野2009にある通り♂触肢のRTAと栓子を確認するしかありません。

Re: はてな?のクモ - くも子

2017/06/23 (Fri) 09:36:29

きどばんさん、ありがとうございます。

当掲示板「ホーム」の”アサヒハエトリグモの仲間”の項のまとめ部分を、以下に転載させていただきました。
(2012年当時、きどばんさんが解り易くまとめてくださった解説です。何度も読み直す価値はいささかも変わっておりませんね。)

… … … … … … … … … …

※マガネアサヒハエトリとワカバネコハエトリは外雌器での識別困難、雄触肢の脛節突起および栓子先端形状を確認する必要がある(小野 2009)。
※情報不足により現時点(2012)では外見での同定不可。標本があっても♀では同定困難。

※当ページ内に掲載した、東北地方を中心として分布する「アサヒハエトリグモの仲間」には、マガネアサヒハエトリ Phintella arenicolor、ワカバネコハエトリ Phintella castriesiana および日本未記録種等が含まれているものと思われる。ワカバネコハエトリとマガネアサヒハエトリが同所的に生息しているのかは情報不足であり、過去の分布情報も再確認する必要がある。

ホオジロハエトリ♀(第一号個体) - くも子

2017/06/15 (Thu) 11:42:27

旅の最終日の午後、稀有の幸運に恵まれました。
個人的に特別かっこいいと思っているホオジロハエトリ♀♀♂3連発への遭遇。

先ず、標高1,650メートルほど、残雪の多い湿原の木道上をゆっくり歩くメスの姿。茶色が目立ち、すぐ判りました。何年振りでしょう?

(170608長野県下高井郡)

Re: ホオジロハエトリ♂ - くも子

2017/06/15 (Thu) 11:54:31

少し離れた(20メートルほど)ところ、オスは白と黒のコントラストが目につき、細身で第一印象は別の種ではないかと感じました。

Re: ホオジロハエトリ♂(同一個体) - くも子

2017/06/15 (Thu) 12:02:52

前回は互いにすぐ近くで♂♀の順にほぼ同時にみつけましたが、今回は逆。♀♂ほぼ同時にみつけた状況は似ています。

Re: ホオジロハエトリ♂(同一個体) - くも子

2017/06/15 (Thu) 12:13:52

本種がみつかる場所は、地上またはその近くが効率がよさそうです。
(今回はクマザサに狙いを定め、約一週間頑張りましたが成果なしでした。次回以降は、最初の一匹とその周辺…を念頭に?)

Re: ホオジロハエトリ♀(第一号個体) - くも子

2017/06/19 (Mon) 06:20:45

メスの様子が撮れている写真を探し出し、追加しました。頭胸部の縁まで白毛が生えていない個体…ですね。

地味ですが貫録のようなものが感じられます。


「ハエトリグモ ハンドブック」 - くも子

2017/06/19 (Mon) 06:44:31

※ 昨日(6/18)、amazonに予約してあった須黒さんの労作「ハエトリグモ ハンドブック」が届きました。
国末さんのデザインも素晴らしく、鮮明な写真はハエトリグモの真実を教えてくれています。

103種のほか、たくさんの新種候補のハエトリグモたちの鮮明な姿(その多くは雌雄)が示されており、夢があります。

チリコモリグモ - くも子

2017/06/10 (Sat) 11:05:35

新海図鑑(仮)分布パターンでは本州1という、山地に生息するコモリグモ。

オビボソカニグモ♀ - くも子

2017/06/14 (Wed) 05:42:23

同タイプ

標高約1,600メートル、新芽の緑が美しいカラマツの目の高さから…

キンカタハリオニグモ♀ - くも子

2017/06/14 (Wed) 05:47:53

タイプ1

標高約1,500メートルほど。森の中の急な上り坂の途中でみつけました。

キンカタハリオニグモ♀ - くも子

2017/06/14 (Wed) 05:54:29

タイプ2

数メートル程度の近い場所。これまでの体験的印象では、いるところにはいる…という感じのクモのような気がしています。

Re: チリコモリグモ - きどばん

2017/06/17 (Sat) 21:06:27

> オビボソ♀をみつけました。

やはりどこか品格がありますよね(笑)
※オビボソカニグモ♂
 170606 東京都八王子市

> キンカタハリオニグモ

合宿の時SWさんが採ったのを見せてもらったきりですが・・・いい感じのクモですね。

Re: オビボソカニグモ♂ - くも子

2017/06/19 (Mon) 05:50:46

きどばんさんの”八王子市”の奥の深さにはいつもながら驚かされてばかりです。

探し出す技術(技)があればこそのことにほかならないわけですが、ほかの人々にとっては変哲もない原っぱだったり林や森だったり、川の畔だったりと映る風景の中から、世代を繋ぐクモたちを探し出して見せてくれる…ここにはあれが、あそこにはあのクモが…という具合に、かなりの高い確率で判るのではないでしょうか。

イエユウレイグモ - いなかクラシック

2017/06/10 (Sat) 23:48:09

一昨年迄小さいゴキブリに悩まされてましたがイエユウレイグモがいついてから出なくなったので、放置していたら立て60センチ横1メートルの使用してない棚にびっしり巣を作り常に数匹居るのですが、これはつがいでしょうか? やはりそれだけ居るのはゴキブリなどエサが豊富って事なんでしょうか?

Re: イエユウレイグモ - きどばん

2017/06/11 (Sun) 22:09:47

> 一昨年迄小さいゴキブリに悩まされてましたがイエユウレイグモがいついてから出なくなったので

それは驚きですね・・・私的に屋内におけるクモ(特にアシダカグモ)とゴキブリの関係性はアフリカ草原のライオンとシマウマのようなもので、実際には「共存している」という感覚を持っていましたが・・・本当にゴキブリがいなくなったのですかね?

> 放置していたら立て60センチ横1メートルの使用してない棚にびっしり巣を作り常に数匹居るのですが、これはつがいでしょうか? やはりそれだけ居るのはゴキブリなどエサが豊富って事なんでしょうか?

クモの場合「つがい」という概念は適用しにくいことが多いです・・・1♀の網に複数♂がいることもありますし、網が隣接すると複雑な状況になります。ある程度獲物が豊富な場所に「放置する」と個体数は増えるでしょうね。

Re: Re: イエユウレイグモ - いなかクラシック

2017/06/12 (Mon) 05:07:21

きどばん様、おはようございます!
今年はまだ1匹もゴキブリ出てません、隣が林なんで時おり名前不詳の虫が歩いてる位なんでエサが定期的に来るとは思えないんですが…
昨日今年はじめてハエトリグモが室内に侵入してきました、クーラー効いていたから寒いのかテレビに貼り付いていて少し邪魔でした(笑)

ユウレイグモ数えたら5匹いました、1匹はお腹が真ん丸でした、卵持ちかな?

Re: イエユウレイグモ - きどばん

2017/06/17 (Sat) 20:57:59

> ユウレイグモ数えたら5匹いました、1匹はお腹が真ん丸でした、卵持ちかな?

そろそろ卵塊を咥えている頃ですかね。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.