クモ蟲画像掲示板

85999

★ クモ関係の掲示板です。
★ クモの種名を知りたい場合は撮影日・撮影地・体長を記入してください。生息環境(屋内、公園、里山、山地、河原、海岸等々)・いた場所(路上、葉上、枝先、枝葉間、樹幹など)・行動の様子等、生態的情報も大変参考になります。
★ 投稿していただいた画像は『クモ画像集(下段「ホーム」リンク先)』に掲載させていただく場合があります。
★ 画像の著作権は投稿者にあります。無断転用は絶対にやめて下さい。
★ 当掲示板に不適切な記事内容の場合、お断りなく削除する場合があります。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

蜘蛛の子を散らす… - くも子

2018/11/20 (Tue) 04:12:39

枯葉をつまみ、開いて中にいるクモを観たくなります。
結果、蜘蛛の子を散らす状態に…

仔グモの様子をみると、腹部が黄色、茶色、黒などさまざま。

(181118文京区・東京大学小石川植物園)

Re: 蜘蛛の子を散らす… - くも子

2018/11/29 (Thu) 13:18:05

自転車で1時間ちょっと、葛飾区の都立水元公園。以前にもクモマハエトリを見つけたことがありました。

今回も、もしやと思い同じポイントを訪ねると、2日連続で、木柵上をせかせか歩く幼体をみつけることができました。

(181028水元公園)

Re: 蜘蛛の子を散らす… - くも子

2018/11/29 (Thu) 13:23:31

アリグモの捕食シーン。

(181111葛飾区水元公園)

Re: 蜘蛛の子を散らす… - くも子

2018/11/29 (Thu) 13:27:27

ヤガタアリグモの捕食シーン。このような場面に出くわしますと、存分に撮らしてくれます。

(181111葛飾区水元公園)

Re: 蜘蛛の子を散らす… - きどばん

2018/12/01 (Sat) 20:29:30

> 7日ほど寝込みまして

これからは過去の経験が役に立たないような特異気象が断続的に訪れると思われます・・・くれぐれもご自愛くださるよう願っております。

> クモマハエトリ

さほど離れていない井の頭公園では見たことありますが、地元では未見です・・・このところ地元をおろそかにしてるもので・・・来年はきちんと探してみようと思っています。

> アリグモの捕食シーン。

光沢のある幼体は♂になる傾向が強いです・・・証明できませんが。

> ヤガタアリグモの捕食シーン

アリグモの仲間で冬に成体が見られるのはヤガタアリグモだけですね。

※ヤガタアリグモ♂
 170112 東京都小金井市

Re: 蜘蛛の子を散らす… - くも子

2018/12/03 (Mon) 06:30:22

>過去の経験が役に立たないような特異気象が断続的に訪れると思われます・・・

>光沢のある幼体は♂になる傾向が強いです・・・

>アリグモの仲間で冬に成体が見られるのはヤガタアリグモだけですね。

薀蓄の深いひと言ひと言に有難味が感じられます。ありがとうございました。紛失せぬよう長めのヒモでカバンと結んである小型フィールド・ノートに書き込みさせていただきました。

冬の例会 - くも子

2018/12/01 (Sat) 10:40:30

興味深い演目:何処に住みたいのかよく分からない子守り蜘蛛
(明日の午後、錦糸町、Sさん)

残念なことに聴きに行けません。

Re: 冬の例会 - きどばん

2018/12/01 (Sat) 20:52:56

> 何処に住みたいのかよく分からない子守り蜘蛛

3月の荒川河川敷に出来る水たまりに現れるクモがメインになるのでしょうね。
必然的にくも子さんのご投稿が引用されるのではないかと・・・(笑)

「遅れるかもしれないから午後にして欲しい」と、くにたちクモさんに連絡したらオーラスにされてしまいました (;゚□゚)

※180817 東京都八王子市
 図鑑に掲載されている成体出現期等とは異なります。

幼体?何グモなのでしょう? - 大通

2018/11/26 (Mon) 20:00:10

画像添付出来てませんでした。
編集キー設定忘れのため、連投しますm(__)m

このコグモ?は何グモなのでしょうか?
分かれば教えてください。

Re: 幼体?何グモなのでしょう? - きどばん

2018/11/27 (Tue) 19:48:21

歩脚の様子からマダラフクログモっぽいのですが・・・投稿画像では腹部背面の斑紋が確認出来ず。
うっすらとでも斑模様が見えたらマダラフクログモ♂、見えなければフクログモの一種の♂・・・種まで落とすのは無理ですね。

幼体?何グモなのでしょう? - 大通

2018/11/26 (Mon) 19:53:54

家に生息する蜘蛛っていう感じではなさそうなんですが、
尻すぼみのフォルムをしたこれは何グモなのでしょうか?
よければ教えてください。お願いします。

名前が分かりません - クモ初心者

2018/11/25 (Sun) 10:48:34

このクモの名前は分かりますか?
11月24日(土)の夜、石垣島の森で地面を歩いていたので採集しました。よろしくお願いします。

Re: 名前が分かりません - きどばん

2018/11/25 (Sun) 20:47:35

既知種であればヤエヤマシボグモ♂です。
http://kakureobi.sakura.ne.jp/okinawa/Yaeyamasibogumo.htm
http://spidertw.blogspot.com/2016/02/ctenus-yaeyamensis.html
・・・が、凄く大きいですね。
近縁別種の可能性もあります。
正しい同定が必要であれば下記サイトの方に連絡してみて下さい。
http://www.asahi-net.or.jp/~dp7a-tnkw/howtoask.html

Re: Re: 名前が分かりません - クモ初心者

2018/11/26 (Mon) 15:38:23

ありがとうございます。私の知り合いもヤエヤマシボグモでは?と言っていました。

種名を教えてください - 秋馬

2018/11/11 (Sun) 13:43:24

お世話になります。
葦原にいました。
体長8ミリくらいです。
よろしくお願いいたします。

Re: 種名を教えてください - きどばん

2018/11/11 (Sun) 19:18:19

キクヅキコモリグモ幼体と思われます。
斑紋パターンに特長があるものの濃淡の変異が大きく、斑紋がほとんど見えない個体もいます。
画像の個体はかなり濃色の方ですね。

Re: 種名を教えてください - 秋馬

2018/11/12 (Mon) 00:31:56

ありがとうございます。

何蜘蛛の巣でしょうか - はたけのけん

2018/11/05 (Mon) 11:12:03

よろしくお願いします。

今朝、畑のごみ袋に張ってあった巣を見つけました。
巾着の模様が気になったのでお伺いします。

Re: 何蜘蛛の巣でしょうか - きどばん

2018/11/05 (Mon) 20:27:28

> 巾着の模様が気になった

ナガコガネグモの卵のうのようですね。
「模様」には不規則な変異が見られます。

※添付画像はナガコガネグモ卵のう
 060920 東京都練馬区

Re: 何蜘蛛の巣でしょうか - はたけのけん

2018/11/09 (Fri) 09:29:43

有難うございました。

ご返事遅くなり申し訳ありませんです。
普通に見られる蜘蛛さんだったのですね
それにしても変わった卵のうですね
今後も宜しくお願いします。

なんというクモですか - まつ

2018/11/06 (Tue) 19:13:53

静岡県西部、11月4日朝、側溝のふたの裏で発見しました。大きさは足含め10mm余りで、色違いの薄茶(灰?)のものもいました。
数mmの袋状の卵と、子グモもいて繁殖しているようです。

Re: なんというクモですか - きどばん

2018/11/06 (Tue) 20:18:12

> 側溝のふたの裏で発見
> 色違いの薄茶(灰?)のもの
> 数mmの袋状の卵

袋状の卵=卵のうは白色ですよね?
多分マダラヒメグモだと・・・主に人工物に造網する、かなり色彩変異のあるクモです。
こちら ↓ の方のサイトが分かりやすいかと。
http://musisanpo.musikoi.main.jp/?eid=888161

Re: なんというクモですか - まつ

2018/11/06 (Tue) 20:59:51

ありがとうございます。
卵のうは不透明でアイボリーでした。
実は自治体の環境課に写真送ったらオニグモという回答が来て、ちょっと違う気がしたので質問させてもらいました。
いずれにしても危険がないのなら一安心です。

ハエトリグモが冬に卵を産んだ場合 - あだんそん

2018/10/29 (Mon) 19:37:51

はじめまして。
質問してもいいでしょうか?

ベランダや室内で見つけた主にアダンソンハエトリグモを飼ったりしています。
エサは爬虫類のペットショップで売っている飛べないショウジョウバエです。UVライトなどにも当てています。
でも、去年の秋口に飼ったメスがひと冬中卵を産んでは孵化、産んでは孵化を繰り返し、真冬では子グモを外にも出せず、家族がクモは外に出してしまうので、家の中にも放せず、飼っても結局はほとんどが脱皮不全で死んでしまいました。
ひと冬中産んでいたので全部成長させるにも手に負えず、こっそり部屋の中にも幼体を放したりしたのですが、世話が大変過ぎて、もうハエトリグモの飼育はやめようと思っています。
ですが、つい最近、非常にお腹の小さいアダンソンがオスだと思っていたらメスだったので、可哀想で思わずエサだけあげたら、もしかしたらマユの中で産卵しているかもしれません。
この時期に生まれた場合、幼体は外に放したら酷ですよね?エサもいなくなるし。家の中に放してもきっと生きていけないと思います。
どうするのがいいのかアドバイスがあったらお聞きしたいのですが、よろしくお願いします。m(..)m

Re: ハエトリグモが冬に卵を産んだ場合 - きどばん

2018/10/30 (Tue) 05:20:44

> 去年の秋口に飼ったメスがひと冬中卵を産んでは孵化、産んでは孵化を繰り返し、
> この時期に生まれた場合、幼体は外に放したら酷ですよね?エサもいなくなるし。家の中に放してもきっと生きていけないと思います。

思ったようには行かないものなんですよね・・・本当に。
もともと近辺に生息していたものなので「処分する」必要はないでしょうが、自然のサイクルに戻すには「酷」な選択をするしかないと思います。「飼育する」というのは色々な意味で大変ですよね。

返信ありがとうございます。 - あだんそん

2018/10/30 (Tue) 10:29:17

速い対応、有難いです。m(._.)m

>もともと近辺に生息していたものなので「処分する」必要はないでしょうが
>自然のサイクルに戻すには「酷」な選択をするしかないと思います。

そうですか。そうですよね。
処分はもちろんしませんし、できませんが(ハエトリグモが本当に可愛いので)、でももし産んでいたら、こっそり家の中に放そうと思います。
数年前にも一度大量(50匹くらい)産卵したアダンソンがいて、子グモ全部を育てようとしたのですが、1匹以外全部脱皮不全と、エサが獲れない等の理由で死んでしまったことがあります。
残った1匹だけが成体までいきましたが、成体になった次の日に死んでしまいました。
体型も自然の中で育った個体とは違い、だらりとした崩れたような体型でした。
やはり、人の手では幼体から育てるのは無理なんだと痛感しました。

>思ったようには行かないものなんですよね・・・本当に。

そう思います。余計なことをしてるだけなのかもしれないと思い、今回、飼育をやめようとした矢先だったので、これからはエサだけ援助して放していくつもりです。
有難うございました。

ゴケグモ うわ

2018/10/17 (Wed) 07:05:23

初めまして、子どもの荒川探検@江戸川区で見つけました。

高架線の下に1-2mくらいの大きな巣を張り、恐らく2cmくらいの丸っこい体で大きさと形が目をひきました。
ヒメグモのゴケグモの一種かと思うのですが、個体差があるとはいえ背中の模様と足の長さ(見つけたのは短く感じました)感がイマイチですっきりしません。

Re: ゴケグモ - きどばん

2018/10/19 (Fri) 03:48:15

オニグモ幼体と思われます。体色や腹部形状にかなり変異があり、よく似た近縁種も数種いて、「どこどこの斑紋、形状がこうなっているとこの種類」と説明するのが難しい仲間です。私的には投稿して頂いた画像の個体はパッと見で典型的オニグモ幼体のように見えます。

Re: ゴケグモ×改めオニグモ幼体 うわ

2018/10/30 (Tue) 09:29:19

>きどばん様

素早いお返事ありがとうございます。
こちらの返事チェックの方が遅い上に、しばらく自分なりにオニグモ幼体とみなせるかどうか、ネット写真を漁っておりましたが、この写真(がオニグモで正しいなら)を見て、やっとフィットしました!!!!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8B%E3%82%B0%E3%83%A2

確かに!!!
脚のスラリ感や、甲羅の丸っこさと頭胸部とのバランス感などは異なりますが、背中の模様と、何よりもこの毛むくじゃら?感、あの時の感じにまさしくフィットします、これでものすごくスッキリです!!!

蜘蛛の"幼体"と"成体"の違いなど、そもそも理解以前に知りもしりませんでした。昆虫の芋虫→飛ぶ虫などの大変身に比べ、単に"大きくなる"に近い成長に過ぎない幼成の違いなのに、知らないということは大きなハンデですね。知らずに見るとこんなにもわからないものなのかと実感しました。

これまでも数回、昆虫や芋虫系で気になると、ネット検索などの写真やどなたかのまとめた図鑑などで調べがついたものだったのですが、今回蜘蛛に関してはこんなにも情報や説明が少ないものなのかということにも苦心し、驚きました。あきらめかけてやっと見つけたこちらのサイトで思いがけない嬉しい収穫です。

直接ご教授下さったきどばん様もですが、こちらのサイトを開設&管理されている方、私のような困ってる人に教えてあげている方々、本当に感謝です、ありがとうございました!

これから - きどばん

2018/10/28 (Sun) 21:26:51

地上のクモは見かけることが少なくなってきたが、落葉下等のクモはこれからがピーク。自宅近くの疎林で篩ってみた。

タイリクテングヌカグモ♂
♂外見はコテングヌカグモと似るが眼域突起形状及び眼の並びが異なる。また、眼域突起・眼の並びはフタエツノヌカグモのそれに似るが背甲配色が異なる。成体であればコテング・フタエツノは体長が2mmを超えるが、タイリクは2mmに満たない。トリミングなしでこのくらいの大きさでもっと鮮明に写したい・・・ライティングや絞りを工夫すればもう少しまともに撮れるとは思うが「対象が意表を突いて素早く動く」のでタムQ1本に頼るのも限界が・・・昆虫のマクロ撮影技術を参考にして対応していこうと思っている。

181024 東京都国分寺市

Re: これから - きどばん

2018/10/28 (Sun) 21:47:17

オトヒメグモ♀
この辺りのクモは垂直面でも自在に歩き回る。

181024 東京都国分寺市

Re: これから - きどばん

2018/10/28 (Sun) 21:48:24

オトヒメグモ♂

181024 東京都国分寺市

Re: これから - きどばん

2018/10/28 (Sun) 21:52:45

コデーニッツサラグモ♂
この近辺ではシフティングで最も多く見かけるクモ。

181024 東京都国分寺市

Re: これから - きどばん

2018/10/28 (Sun) 21:55:15

クラークコモリグモ幼体 体長2mm。通常幼体での同定は出来ないが、この辺りにこの外見のクモは他にいないので。

181024 東京都国分寺市

Re: これから - きどばん

2018/10/28 (Sun) 22:09:33

シャラクダニグモ♂
ダニグモのような腹背斑紋はなく一様に赤っぽい。触肢膝節が肥大。

181024 東京都国分寺市

大したことではないが日本産クモ類生態図鑑p.42最上段の画像キャプションは雌雄逆。更にどうでもいいことだが・・・ p.21 最下段 x ゴマダラウスバカゲロウ → 〇 コマダラウスバカゲロウ

頭胸部が変わった形 ryoi

2018/10/27 (Sat) 05:20:21

10月7日 福岡市 林縁で
初めて見たクモで調べあぐねて放置状態でした。

お願いします。 

Re: 頭胸部が変わった形 ryoi

2018/10/27 (Sat) 18:27:38

下の秋馬さんの質問のクモと同じでした。

種類が知りたいです - 浮遊雲

2018/10/24 (Wed) 08:32:26

撮影日 2018年10月24日 朝
撮影地 横浜
体長 約1cm(休んで脚が丸まってる状態)
いた場所 部屋
布団の上を歩いてました

茂みに放逐するか、室内放置でハエトリさんと共存にするかの指針にしたいです。
よろしくお願いします。

Re: 種類が知りたいです - きどばん

2018/10/24 (Wed) 21:26:05

難しいですね・・・ヒメグモ科かサラグモ科の♂と思われますが・・・強いて種まで落とすとすればハイイロヒメグモ♂に一票・・・かなり色彩変異に富んだ種です。

※添付画像はハイイロヒメグモ♂

> 茂みに放逐するか、室内放置でハエトリさんと共存にするか

いずれにせよ通常室内にいるクモではないと思います。

Re: 種類が知りたいです - 浮遊雲

2018/10/27 (Sat) 10:25:45

きどばんさん、ありがとうございます。
後で茂みに放して来ます。

ハテなのクモ - くも子

2018/10/20 (Sat) 10:20:52

自分的には見慣れないクモです。
東館山山頂・標高2,030m。針葉樹の枝先…
網は不明。写真は同一個体。

(180929長野県)

Re: ハテなのクモ - きどばん

2018/10/21 (Sun) 20:59:40

> 自分的には見慣れないクモです。

うーん、私は見たことないのでよく分かりませんが、ヤガスリサラグモ幼体のように思えます・・・違うんですかね?

Re: ハテなのクモ - くも子

2018/10/22 (Mon) 06:13:17

貴重なご所見ありがとうございます。

>ヤガスリサラグモ幼体のように思えます・・・

今回の物証も拙い写真のみですから確かなことはわかりませんが、きどばんさんがお導き下さった”コウシサラグモ類”に焦点を当ててみております。

Re: ハテなのクモ - くも子

2018/10/22 (Mon) 06:22:21

先ず「日本産クモ類2009」

コウシサラグモ属のクモ:世界に約50種、日本産は7種。

サラグモ類研究の大先達・大井良次さんの細密画を見比べています。(コウシサラグモ1234、ヘリジロサラグモ1241、ヤガスリサラグモ1246、シバサラグモ1257、チビサラグモ1262)

”ぴたり”という図版はありませんが、細密画は写真と違いクモを長時間にわたり細部まで観て描いてある点で信頼度が違うといつも感じています。(難点は、同種でも別の個体を描くと、かなり違ったものになる…ということでしょうか。)

Re: ハテなのクモ - くも子

2018/10/22 (Mon) 06:27:44

新写真図鑑「日本産クモ類生態図鑑2018」

著名なクモ学者の松田まゆみさん、過去40年に出版されたクモ図鑑の進歩について解説しておられます。
http://onigumo.sapolog.com/e473044.html

・ヤガスリサラグモ(山地の樹林地・草原…)(鹿追町の生態写真は色調が茶系で濃い色のヤガスリ模様がよく判る。)
・チビサラグモ(山地の森林)(五所川原の生態写真が少し似ている。)
・コウシサラグモ(山地の森林・草原)(歩脚に輪紋が出る点で他種と違うが、この点について、成・幼をきちんと観てみたい。)(小海町の生態写真の色調が似ている。)
・シバサラグモ(山地の森林)(猪苗代町の写真が少し似ている。)
・ヤマジサラグモ(山地の森林)
・ヘリジロサラグモ(平地から山地。)(水田など、「成体になる時、劇的に変身する一種」と、きどばんさん。)(苫小牧市の生態写真が似ている。)

種内の変異が視覚的に実感できる点、これまで唯一の存在だった「クモ画像集」。新・写真図鑑は、わたし達アマにとってこの点でとてもありがたいです。

Re: ハテなのクモ - くも子

2018/10/22 (Mon) 07:44:24

クモ”幼体”の研究は、(前向きな意味で)小・中学生の研究テーマとか年寄り仕事? 秋に捕獲し冬期の給餌を継続するのはなかなか…総理大臣賞に輝いたころの西田さん(▲後日訂正:お名前を間違えるなど、あってはならない失礼行為の極みです。大変失礼しましたことを深くお詫びします。西野真由子さんの研究論文は、この度出版された写真図鑑のReferencesに13件まとめられています。すべて東京蜘蛛談話会の会報Kishidaia収載分ですから、どなたでも都合のよろしいとき、net上から何度でも読み直すことができます。)の論文の凄さがそのことを教えてくれます。

年に何度か読み直し、うなっています。

脚が長い - tora

2018/10/09 (Tue) 14:30:17

先日うちにきました。脚が長いのです


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.