クモ蟲画像掲示板

102273

★ クモ関係の掲示板です。
★ クモの種名を知りたい場合は撮影日・撮影地・体長を記入してください。生息環境(屋内、公園、里山、山地、河原、海岸等々)・いた場所(路上、葉上、枝先、枝葉間、樹幹など)・行動の様子等、生態的情報も大変参考になります。
★ 投稿していただいた画像は『クモ画像集(下段「ホーム」リンク先)』に掲載させていただく場合があります。
★ 画像の著作権は投稿者にあります。無断転用は絶対にやめて下さい。
★ 当掲示板に不適切な記事内容の場合、お断りなく削除する場合があります。
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

芽生え刻の足立 - くも子

2019/04/18 (Thu) 07:46:35

気温の上昇と共に人工物上に現れるお馴染みさん。

(190417東京都足立区)

Re: 芽生え刻の足立 - くも子

2019/04/18 (Thu) 07:48:10

マイカメラの限界…

Re: 芽生え刻の足立 - くも子

2019/04/18 (Thu) 07:50:42

どっと出てきます。メス型よりもオスが目立ちます。
亜成体で越冬するようですね。

Re: 芽生え刻の足立 - くも子

2019/04/18 (Thu) 07:53:07

こちらも、オス亜成体といったところ…です。

Re: 芽生え刻の足立 - くも子

2019/04/18 (Thu) 08:05:06

日本産クモ類2009のメス図像、参照しました。
やっぱりカズサのようですね

Re: 芽生え刻の足立 - きどばん

2019/04/18 (Thu) 22:22:50

> やっぱりカズサのようですね

関東では結構広範囲に分布しているようですが、徳島に記録があるのが不思議ですね。

クサチ最新2019 - くも子

2019/04/15 (Mon) 08:02:00

雨水溜まり、ようやくクサチコモリグモ♂成体の出現(190413)です。
例年に比べ若干遅い。交尾、産卵はこれから…

ヨシの新芽が急速に伸び始めており、日に日にフィールドでの観察が困難になります。

Re: クサチ最新2019 - きどばん

2019/04/16 (Tue) 20:50:44

> 交尾、産卵はこれから…

男はつらいよ
https://twitter.com/kjr_sh/status/1080601991070400512

この掲示板を閉鎖した場合、くも子さんがどこに画像を投稿すればいいか・・・案外Twitterがいいかも、と思い試験的に様々な形で投稿してみたのですが・・・ちょっとお勧めできないかも。クモ屋さんが予想外に多いしクモ以外の見聞も色々得られるので面白いことは面白いのですが、投稿が流れていくのが早すぎて・・・瞬間的に情報処理出来る若い方向けですね。あと「フォロワー」とか「いいね」とか、やたらと数字を突きつけて投稿を煽ろうとする仕組みがかなりうざったいです。

Re: クサチ最新2019 - きどばん

2019/04/16 (Tue) 21:05:54

やはりvittataさんのようなブログがいいかも。
https://blog.goo.ne.jp/vittata

で、こちら ↓ の方のようにブログ更新をTwitterで連絡する、というやり方も考えられます。
https://twitter.com/oharu0408/status/1115584986755751936

分からないクモがいればこちら↓ へ。
今時の若いクモ屋さんはクモに関するあらゆる情報源を一気に収集してまとめる能力に長けているので、写真のみでの同定力もレベルが高いです。
https://twitter.com/ilovespider2525/status/851746693271797760

Re: クサチ最新2019 - きどばん

2019/04/16 (Tue) 21:11:15

クモの参考画像が最も多いのがここ ↓ でしょうね。
会誌とかにも鬼のように投稿して最も活躍している優秀な若手クモ屋さんです。
https://twitter.com/Sasagani_ya/status/1111614148977127427

Re: クサチ最新2019 - くも子

2019/04/17 (Wed) 07:42:32

現在の形になってからでも、きどばんさんのクモ画像掲示板のカウンターが10万2千超、日本一でしょう。改めてお世話戴いたながい日々でした。多謝…
クモの写真、撮るのは自分のためですから…パソコン内の種別ファイル充実専用になると思います。

道具類ではNF17、ファイター340I型、その後はずっとPENN66で勝負。しかし今は埃…春のツルシギ430羽(1988/04/16)は、土浦の蓮田わたしの最大の記録。長く使ったプロミナーを盗まれ唖然…その頃はまだ手元にデジカメがなかったです。
アシナガシギ日本初記録は名古屋のあの緒方清人さんら(1977/07/31)。日本第2記録はその10年後、わたしの東京都初記録(1987/08/20-26)、東京の記録は今も破られておりませず…シギチ命のひと、減ったのかなぁ。

日常を離れ、旅に出る生き方はこれからも変わりませんね。
高野伸二さんとご一緒した最後の探鳥会、本部主催三宅島B.W.フェスティバル(1983/05/20-22)でした。
当時すでに絶版になっていた新海栄一さん・高野伸二さん「クモ・基本・50」、全ページ丸ごと、まだ珍しかったカラーコピーをプレゼントして下さった元祖”クモ子”さん・加藤輝代子さんのご厚意が忘れられません。
比較的最近の西表島の旅、宿の先枝(さきえだ)さん(和名サキエダオニグモの由来)のお車で送迎していただきました。乗船所近くのバーで味わったモヒート、キューバで教えられたつくり方、ガツンとくるホワイトラムの力強さとミントの爽やかな香り、それとは若干違うものでした。安価なサントリーの瓶詰モヒートは結構いけます。真冬でもうまい。
エチオピア、ウガンダ、マダガスカル、ブータン、ペルー、パナマ、エクアドル、ベネズエラ、スラウェシ、ボルネオ、ベトナム、キューバ…での野鳥談義・クモ談義を交わしつつ焚火とMOJITOを楽しみたいものです。
余談ですが、私の一番の趣味は中学生の頃からの「薪割り」。樹の筋を見極め、鉞のヘッドの重みで…力任せはいただけません。薪ストーブ最高です。

この世は、クモの名まえを知りたい方々であふれていることを教えていただきました。
Twitterはクモ写真を材料に会話を交わす道具でもあるのですね。全く知らない世界。
そんな今の世でもツイッターなし、腕時計なし、車・運転免許なしでも生きてゆけてる私ですから、これで充分、宗旨替えはいたしません。
「せまい日本、そんなに急いでどこへ行く」当時大人気のコピー、調べたら昭和48。今や知らぬ人の方が多い? 昭和もすっかり遠くなった感…(自分が歳をとったことを忘れている、とてもありがたいです。)

Re: クサチ最新2019 - きどばん

2019/04/18 (Thu) 22:12:59

くも子さんの豪傑ぶりにはいつもながらチョット腰が引けます(笑)

> 「せまい日本、そんなに急いでどこへ行く」

いやあ、クモ探しの目で見ると日本は広過ぎるくらいです。

ぐったり熊谷201904M - きどばん

2019/04/16 (Tue) 22:40:27

タカノハエトリ♂。
カッコいいクモです。

Re: ぐったり熊谷201904M - きどばん

2019/04/16 (Tue) 23:05:52

アライトコモリグモ♀。
さほど人気は無いようですが、外見も習性も魅力満載のクモです。

Re: ぐったり熊谷201904M - きどばん

2019/04/16 (Tue) 23:08:23

スズキコモリグモ♂。だだっ広くて足場が悪くて・・・非常に疲れますが、このクモを見ると癒されます。

Re: ぐったり熊谷201904M - きどばん

2019/04/16 (Tue) 23:10:19

くも子さんもさすがにここまでチャリで行くのは難しいかと(笑)

Re: ぐったり熊谷201904M - くも子

2019/04/17 (Wed) 10:10:26

>さすがにここまでチャリで行くのは難しいかと(笑)

ですね。しかし一生に一度でもスズキコモリグモにお目にかかりたいと思っています。

チャリがダメなら…と、ふとよぎった実現不可能なアイデア。目の前の荒川に手漕ぎの小舟を浮かべ、熊谷まで左へ64キロメートルなら?

現実的なのはやはり公共交通の乗継でしょうか。
後日談ですが、私のオオスミコガネグモ見聞録を明かしますと、羽田→電車→バス、徒歩で民宿へ。次の日の朝から呼んでもらったタクシー。地元運転手も知らずタクシー会社に問い合わせても知る人がいない、雨と濃い霧に包まれた「錦江台展望公園」、行きも帰りも片道¥4,000+小銭。ネットで教えていただいた200pさんの正確な情報がとても役に立ちました。御かげで存分にクモの姿を見つけ、撮ることができました。特筆すべきは、園内唯一の売店を兼ねた食堂の稲庭風天ぷらうどんが美味かったことです。

Re: ぐったり熊谷201904M - きどばん

2019/04/18 (Thu) 22:06:01

> 目の前の荒川に手漕ぎの小舟を浮かべ、熊谷まで左へ64キロメートルなら?

本気ならお手伝いしますよ !!(笑)

> 園内唯一の売店を兼ねた食堂の稲庭風天ぷらうどんが美味かった

現地情報ありがとうございます。2~3年以内には食べに行きたいです。

さらり小金井201904F - きどばん

2019/04/10 (Wed) 19:22:23

カオス状態のシラカシ葉裏、軽く突いたらクモマハエトリ幼体。私的に小金井初記録。

Re: さらり小金井201904F - きどばん

2019/04/10 (Wed) 19:24:23

ムツボシオニグモ幼体。クモはヒトほどサクラが好きではないように思う。

Re: さらり小金井201904F - きどばん

2019/04/10 (Wed) 19:25:48

ナラメカイメンタマフシ。色々あったが、これが一番和菓子っぽくて美味そうだった。

Re: さらり小金井201904F - きどばん

2019/04/10 (Wed) 19:28:38

セモンジンガサハムシ。これがクモの獲物になっていることは見たことがないような・・・まあ、甲虫はクモの獲物になりにくいですが。「黄金虫は黄金蜘蛛の大好物」というのは稀な例なのでしょうね。

Re: さらり小金井201904F - きどばん

2019/04/10 (Wed) 19:36:47

ワスレナグモ産地・・・だった場所。隅々まで土が入れ替えられており地域的絶滅必至。私が掲示板に投稿した小金井産ワスレナグモ撮影地はほとんどがここでした。
http://kumomushi2.web.fc2.com/t_z/wasurenagumo.htm

まあ、しかたないですね。

Re: さらり小金井201904F - きどばん

2019/04/10 (Wed) 19:38:10

上段コシロカネグモ若齢幼体 体長約2mm
下段オオシロカネグモ若齢幼体 体長3mm弱
腹部背面の斑紋相違は微妙ですが、腹部覆面の違いは幼体の頃から明瞭です。チュウガタは地元にいないので若齢幼体を見たことありません。

ぶらり八王子201904F - きどばん

2019/04/09 (Tue) 20:43:35

卵のうを保持したヤマハリゲコモリグモ。
ほぼ日本全国に生息していますが、生息環境条件は案外シビアなのかも。くも子さんが普段散策されている河川敷ではまず見られないと思います。谷川CD2018では静岡・高知の記録がありませんが、最近の優秀な若手クモ屋さんにより次のCDでは間違いなく埋まっているでしょう。

Re: ぶらり八王子201904F - きどばん

2019/04/09 (Tue) 21:48:26

エビチャコモリグモ♀。大きなコモリグモはいるだけで嬉しくなります。

Re: ぶらり八王子201904F - きどばん

2019/04/09 (Tue) 21:51:02

アオキ葉裏のヤギヌマフクログモ幼体。フクログモの幼体は識別不可能なのがほとんどですが、これは分かります。

Re: ぶらり八王子201904F - きどばん

2019/04/09 (Tue) 21:57:00

ミヤシタイソウロウグモ♂亜成体。本種幼体は初めて見ました。

Re: ぶらり八王子201904F - きどばん

2019/04/09 (Tue) 21:59:04

ヤマトカナエグモ幼体。サラグモの網にかかったハエ目の一種の傍で待機。

Re: ぶらり八王子201904F - きどばん

2019/04/09 (Tue) 22:06:18

前掲2種と網の主であるクスミサラグモの位置関係。
左下ミヤシタ、右ヤマトカナエ、中央クスミサラ。
この後どのようなドラマが展開されたかは知らない。

アカスジコマチグモ - くも子

2019/04/07 (Sun) 07:19:56

談話会誌最新号 KISHIDAIA,No.114,Mar.2019は発刊50周年記念号1、いつもにも増してとても読みごたえがあります。

p.102-107 加藤輝代子さん「東京蜘蛛談話会2016年度合宿報告・北海道支笏湖他のクモ」を報告しておられます。

目録の中のアカスジコマチグモ♀および幼体の記録が目に留まりました。

Re: アカスジコマチグモ - くも子

2019/04/07 (Sun) 07:44:09

そんなわけで、以前から実物を観たいクモでした。

わたしの郷里秋田県のクモ研究家・福島彬人さんの著書「クモが好き」に”アカスジコマチグモを発見”という興味深い物語があり、何度も何度も読み返しています。
産室で、五十粒ほどのピンク色の卵が産みつけられていた…という生態観察記録部分、脳裏に染みついています。アカスジコマチグモに関するこのような具体的記述の存在を私はほかに知りませんからとても大切に思っています。

Re: アカスジコマチグモ - くも子

2019/04/07 (Sun) 07:56:15

ご覧いただいている古い写真は同一個体、2012/07/24北海道川上郡弟子屈町の記録です。

産室を開くと、卵のうとそこから離れようとしないメス親がいました。福島彬人さんの記述”ピンク色の卵”という部分、わたしの場合もそのように観えたので夢中でたくさん撮りました。

Re: アカスジコマチグモ - きどばん

2019/04/08 (Mon) 04:13:12

おぉっ、すごいですね!
極めて貴重な生態写真、ありがとうございます!!

Re: アカスジコマチグモ - くも子

2019/04/09 (Tue) 05:26:17

きどばんさん、過分なるご所見をお寄せくださりありがとうございます。

アカスジコマチグモの全体の色調が、フクログモ科ヤハズフクログモ♂の無紋フクログモ型とか、コマチグモ科カバキコマチグモ♂などに一見よく似ており、見極めが要ると思われます。

写真のクモは、産室で卵のうを守っている♀親ですから、混同せずに済みました。

Re: アカスジコマチグモ - きどばん

2019/04/09 (Tue) 18:48:53

> フクログモ科ヤハズフクログモ♂の無紋フクログモ型とか、コマチグモ科カバキコマチグモ♂などに一見よく似ており

その辺りのクモの外見を知っている人ならむしろ逆に見紛うことはないかと(笑)

ぶらり八王子201903E - きどばん

2019/03/29 (Fri) 20:43:28

ヤマハリゲコモリグモ♀。
春の雑木林の夢先案内蛛。

Re: ぶらり八王子201903E - きどばん

2019/03/29 (Fri) 21:26:57

ホシミドリヒメグモ幼体。

Re: ぶらり八王子201903E - きどばん

2019/03/29 (Fri) 21:28:57

ヤミイロカニグモ幼体。

Re: ぶらり八王子201903E - きどばん

2019/03/29 (Fri) 21:30:42

ヨコフカニグモ幼体。

Re: ぶらり八王子201903E - きどばん

2019/03/29 (Fri) 21:33:14

コクサグモ分散幼体。
今年は早いのか、偶然見つかっただけか。

Re: ぶらり八王子201903E - きどばん

2019/03/29 (Fri) 21:35:32

ウヅキコモリグモ♀。
青い宝石を抱えて走り去る。

ハエトリグモ - miyayama

2019/03/26 (Tue) 06:36:09

皆様、おはようございます

ハエトリグモハンドブックに似ているのは掲載されているけれど私にとって判らなかったハエトリグモで、昨年から今年にかけて出会った種です。

18-05-07 奄美大島

Re: ハエトリグモ - miyayama

2019/03/26 (Tue) 06:41:36

18-07-06 奄美大島

Re: ハエトリグモ - miyayama

2019/03/26 (Tue) 06:43:02

18-10-10 奄美大島

Re: ハエトリグモ - miyayama

2019/03/26 (Tue) 06:44:46

19-03-23 奄美大島 現在飼育中

Re: ハエトリグモ - きどばん

2019/03/26 (Tue) 23:10:25

> 18-05-07 奄美大島

ハンドブックp.38 下段「よく似たもの」かも知れません。

> 18-06-08 奄美大島

アメイロハエトリの仲間っぽいですが分かりません。

> 18-07-06 奄美大島

色合いが微妙ですがアダンソンハエトリ幼体かも。

> 18-10-10 奄美大島

ハンドブックp.138 上から2番目左辺りっぽいです。

> 19-03-23 奄美大島 現在飼育中

う~ん、奄美大島難しいです m(_ _)m

Re: ハエトリグモ - miyayama

2019/03/27 (Wed) 12:55:22

きどばん様、皆様

ありがとうございます

やっぱり奄美大島は先が長いですね

霙降る吐く息白い - きどばん

2019/03/23 (Sat) 23:13:12

駅跨線橋のイエオニグモ幼体。
ばらつきはありましたが、最大でも3mmに達せず。

※190323 東京都八王子市

Re: 霙降る吐く息白い - きどばん

2019/03/23 (Sat) 23:24:31

マルウンカ幼虫。

※190323 東京都八王子市

Re: 霙降る吐く息白い - きどばん

2019/03/23 (Sat) 23:27:51

カネコトタテグモ(多分)巣穴。
ご本尊を見たかったが土壌が乾燥しすぎて一気に崩れ去り未確認。

※190323 東京都八王子市

Re: 霙降る吐く息白い - きどばん

2019/03/23 (Sat) 23:32:06

クロヤチグモ幼体。コガシラアブ幼虫を見たかったが外れ。それらしい背甲残骸も見当たらなかった。

※190323 東京都八王子市

Re: 霙降る吐く息白い - きどばん

2019/03/23 (Sat) 23:34:35

カチドキナミハグモ(多分)♀。案外彼女から出てくるかも。

※190323 東京都八王子市

Re: 霙降る吐く息白い - きどばん

2019/03/23 (Sat) 23:41:33

とにかく寒かった。クサチコモリの様子を見たかったが全く見られず。というかこの時期いくらでもいるはずのウヅキやヤマハリゲすら見かけなかった。

釜無川 - きどばん

2019/03/15 (Fri) 22:36:49

クモ以外のものが目当てで山梨に行きましたが外れでした。まあ、転んでもただでは起きないということで。

※カワベコモリグモ♂
カガリビコモリグモが巨大化したような美しい個体です。

Re: 釜無川 - きどばん

2019/03/17 (Sun) 05:15:15

ムサシヤチグモ。
卵のうらしきものがありますが、これは♂、近くに♀は見当たりませんでした。

Re: 釜無川 - きどばん

2019/03/17 (Sun) 05:16:19

キシベコモリグモ♀。

Re: 釜無川 - きどばん

2019/03/17 (Sun) 05:17:42

イサゴコモリグモ♀。

Re: 釜無川 - きどばん

2019/03/17 (Sun) 05:23:32

キシベコモリグモ♂。
キシベとイサゴが混生するところで♂を外見で識別するのは本当に難しいです。

Re: 釜無川 - きどばん

2019/03/17 (Sun) 05:27:13

ヤマトコノハグモ♂。
関係ありませんが、よくヤマトカレハグモと間違える・・・画像ファイル名が混生しています。

中型のコモリグモ - くも子

2018/04/30 (Mon) 13:06:24

参考図書「日本産クモ類2009」を参照しているのですが、大変難しくよく分かりません。ハリゲコモリグモ複合群6種のうちのどれかではないかと…

芝が張り付けてある河川敷内の堤防上を走り回る姿が目に留まりました。

(180427東京都足立区)

Re: 中型のコモリグモ - くも子

2018/05/11 (Fri) 08:15:49

佐渡島産クモ類の谷川レポート2017(仮称)では、キシベコモリグモだけが収載されているようです(イサゴコモリグモが生息しないの意ではありません)。

>灰色個体は野外での識別困難・・・卵のうの色は関係なし。

標本がない私の写真のクモは、キシベかイサゴか両方か、雌雄成幼もはっきりしません。

ははは…わたしは、いつも歩脚をまっすぐぴんと伸ばした姿のコモリグモが大好きです。

(110929佐渡島梅津川)


Re: 中型のコモリグモ - きどばん

2018/05/13 (Sun) 21:03:17

> キシベかイサゴか両方か、雌雄成幼もはっきりしません。

多分キシベ幼体です。私的に二種択一なら幼体の方が識別しやすいと思っているのですが・・・データ不足で実証できません。

Re: 中型のコモリグモ - くも子

2018/05/14 (Mon) 08:15:38

ご所見、ありがとうございます。

正直、イサゴコモリグモというクモを知りません(観たことない)ものですから、撮った写真はとりあえずキシベのフォルダに入れておくことに…なっちゃってまして。
両種が棲息している清流域への立ち入りの機会を増やさないと。

(渓流域・清流域の究極のねらいは勿論シノビグモですけど、都内では次第に厳しくなってきている? ま、そのうちに…と思いつつ谷川CDをみたら東京都に記録がない???
自力で探して撮るには、どこか遠征時に本気で源流部に入らないと無理みたいですね。)

Re: 中型のコモリグモ - きどばん

2019/03/15 (Fri) 22:17:09

キシベコモリグモとイサゴコモリグモ、同所に生息する同色の個体は生殖器を見る以外識別方法はない、と思っていましたが・・・思わぬ方法で識別可能かもしれません。時間が出来たら多数個体で実験してみようかと思います・・・思うだけ、かも知れませんが。

Re: 中型のコモリグモ - きどばん

2019/03/16 (Sat) 20:21:42

> 谷川CDをみたら東京都に記録がない???

東京都の本当の記録を知るには、くにたちクモさん・S,Wさんに直接聞くしかないですね。彼らの記録は凄まじいものがありますが、環境アセスメント調査に付随する記録が多いので、クモ屋の会誌等においそれと公表することは出来ないのです。

種名を教えてください - 秋馬

2019/03/12 (Tue) 23:54:29

お世話になります。
3/11撮影
3-4ミリのクモです。
里山の木の幹にいました。
よろしくお願いします。

Re: 種名を教えてください - きどばん

2019/03/13 (Wed) 04:24:39

ゴミグモの仲間の幼体ですが・・・よく分かりません。
秋馬さんはTwitterはやっていませんか?
↓ こちらの方などはいい感じでクモの同定をしています。
https://twitter.com/ilovespider2525/status/851746693271797760

ほかにも若い優秀なクモ屋さんが多数おられるようです。彼らは私などより数段多くのクモ情報収集能力があり、それらにセンス良く対応しています。私はかなりポンコツ化し始めており、若い人たちの「センスの良さ」にはとても敵いません。

Re: 種名を教えてください - 秋馬

2019/03/13 (Wed) 20:49:11

ありがとうございます。
Twitterはやっていませんが、使用を考えてみます。

あのクモはまだ? - くも子

2019/03/05 (Tue) 09:06:11

水温む…春の河川敷、雨水だまりを歩いてみました。が、あのクモは見つかりませず(190302)。

ま、これからがシーズン? けど短いです、ここでは。

Re: あのクモはまだ? - くも子

2019/03/12 (Tue) 07:31:06

⑦キクヅキコモリグモ♀幼体
⑧コモリグモsp.♀型♂幼体

Re: あのクモはまだ? - くも子

2019/03/12 (Tue) 07:34:17

⑨キクヅキコモリグモ♀幼体
⑩コモリグモsp.♀幼体

Re: あのクモはまだ? - くも子

2019/03/12 (Tue) 07:38:03

⑪コモリグモsp.♀幼体
⑫コモリグモsp.♀型♂幼体

(続編多数あり、準備中です。)追って…

Re: あのクモはまだ? - きどばん

2019/03/12 (Tue) 20:12:55

> ●この段階でクサチコモリグモ♀とイナダハリゲコモリグモ♀の相違が判りません。
> ●拙写真は両種がごちゃ混ぜの可能性が大きいと思っています。ご教示をお願いします。

くも子さんが掲示板に初めてクサチコモリの♂♀画像を投稿されたとき、私は「♀はイナダハリゲに似ているが、♂は分からない」と返答したと思います。平均的サイズの相違を含めて野外で実物を見ると見間違うことはまずないのですが、写真で見ると判断に迷うことがよくあります。両種とも微妙な斑紋変異があり、ここがこうなっているとイナダ、こうなっているとクサチ、と明言できません。したがって両種♀は「写真では識別できない」とさせて頂きます。昨年の例会発表でハリゲコモリグモ・イナダハリゲコモリグモ・クサチコモリグモの♀画像を使用しましたが、2018年にクモ図鑑を出された先生がそれらの写真を見て「私にはみんな同じに見えます」と苦笑いされていました。それが当然だと思います。他人の撮った写真というのは本当に分かりづらいのです。

> (続編多数あり、準備中です。)追って…

多分私には分からないと思います。大切なのは「多数」ではなく、特定の種を確実に同定することです。確実に同定された種の写真を元に微妙に外見の異なる個体を「同種色彩変異」なのか「別種」なのか、一つずつ潰していくしかないのです。「多数」の写真では同定は出来ません。厳しい言い方をすれば「くも子さんのやり方では永久に堂々巡りになる」と思います。

Re: あのクモはまだ? - くも子

2019/03/13 (Wed) 06:58:27

ありがとうございます。

直接お目にかかったことはないのですが、日本の著名な分類学者の至言「分からない(解からない・判らない)ということをどのように理解するか」に尽きる…

きどばんさんの貴重なご助言に触れ、改めて「近道はない」と知り、たくさんのクモを追いかけ、たくさんの写真を撮り、はてな?の堂々めぐりを繰り返す気になりました。

学者のマネだけは…とか、ひと(他人)と同じことは…とかでしょうか。

ワシグモ科のクモ? - くも子

2019/03/08 (Fri) 07:57:24

河川敷は広い…雨水溜まりからピンポイント的に選んでクモを探します。この日の目的がコモリグモ…ですからこのクモはバイプロですが、当地では初めてで驚きました。カズサハイタカグモ♀型幼体としてみました。

「太い、でかい…」7.5ミリメートルほど。

(190306東京都足立区)

Re: ワシグモ科のクモ? - くも子

2019/03/11 (Mon) 14:34:12

メキリグモ♀幼体、たしかワシグモ科のクモでしたね。

Re: ワシグモ科のクモ? - くも子

2019/03/11 (Mon) 14:38:34

馴染みのないクモ。体長2mmほどと小型ですが猛スピードで駆け回ります。

大汗をかきつつ、様々な角度から撮りました。ご教示のほど、お願いいたします。

Re: ワシグモ科のクモ? - くも子

2019/03/11 (Mon) 14:43:34

ヨシシャコグモ♀幼体。個体数は多い。

Re: ワシグモ科のクモ? - きどばん

2019/03/11 (Mon) 22:52:09

> 馴染みのないクモ。体長2mmほどと小型ですが猛スピードで駆け回ります。

チビコモリかコガタコモリの幼体ですかね。チビコモリの方が背甲が黒っぽく見えることが多いのでチビのほうかもしれません。腹背白斑は当てになりません。

※添付画像は左右ともコガタコモリグモ♀

Re: ワシグモ科のクモ? - くも子

2019/03/12 (Tue) 06:06:06

早々にご教示くださりありがとうございます。

卵のうをつけたコガタコモリグモの2枚の画像、説得力がありますね。図鑑の写真だけでは想像力が広がりません。

拙写真、チビコモリグモかコガタコモリグモ…馴染みが薄いなどと言っておれません。

こちらのスレットはコモリグモ以外、”その他のクモ”のつもりでしたが…気温の上昇と陽射しの強まりに伴いクモたちの動きが活発になりはじめています。

リュウキュウウマノスズクサの花の中に潜むアズチグモSp - miyayama URL

2019/02/18 (Mon) 21:50:47

皆様、こんばんは、今年の初投稿です。

リュウキュウウマノスズクサの花の構造を観察する為に花を割ったところアズチグモ幼体spが潜んでいました。これは花にキノコバエの一種が訪花するので、これを捕食する為に潜り込んだと思われます。大体10個の花の中に1匹ぐらいの確率で発見できます。

Re: リュウキュウウマノスズクサの花の中に潜むアズチグモSp - きどばん

2019/02/19 (Tue) 21:18:28

貴重な記録、ありがとうございますm(_ _)m

> アズチグモ幼体sp

奄美大島のアズチグモ sp.はアマミアズチグモである可能性が大きいですね。アズチグモやオキナワアズチグモについては生殖器を精査した確実な奄美大島生息記録がありません。

> キノコバエの一種が訪花する

キノコバエ狙いかどうかは分かりませんが、アズチグモの若齢幼体が花に潜んでいるのは何度か見かけたことがあります。待ち伏せする場所の選択理由としては理に適っているようですね。

Re: リュウキュウウマノスズクサの花の中に潜むアズチグモSp - miyayama

2019/02/20 (Wed) 20:24:50

アズチグモやオキナワアズチグモについては生殖器を精査し
た確実な奄美大島生息記録がありません。

>
奄美大島に生息するアズチグモはアマミアズチグモかオキナワアズチグモかと思ってました。図鑑でも眼域帯の黒いのがアマミアズチグモとなっていますが、外見でなく、やはり、正確な同定には精査が必要だと痛感しました。ありがとうございます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.