クモ蟲画像掲示板

47954
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

クモの名前が知りたいです。 - ロペ

2017/11/20 (Mon) 14:10:49

今年の9月10日に安達太良山に登った時、山頂近くで撮影しました。

Re: クモの名前が知りたいです。 - きどばん

2017/11/21 (Tue) 19:32:53

ミズコモリグモ属だと思いますが・・・サイズはどのくらいでしょうか?

蜘蛛の名前を教えて下さい - 秋馬

2017/11/08 (Wed) 16:37:35

10/30
6mmくらい
静岡県の海辺の野外トイレ
よろしくお願いします。

Re: 蜘蛛の名前を教えて下さい - きどばん

2017/11/12 (Sun) 19:30:44

キンイロエビグモと思われます。

Re: 蜘蛛の名前を教えて下さい - 秋馬

2017/11/12 (Sun) 23:42:22

きどばんさん、ありがとうございます。
キンイロエビグモのハラジロ型と認識しました。

薄暗い森の中 - くも子

2017/05/30 (Tue) 05:36:44

薄暗い森の中の広い観察路、茶色になった樹の葉が目につきました。

(170518沖縄県)

Re: 薄暗い森の中 - くも子

2017/05/30 (Tue) 05:55:29

枯葉を引き寄せクモを上に向けて撮りました。

見立て、ハラビロスズミグモ♀では?

Re: 薄暗い森の中 - きどばん

2017/05/31 (Wed) 21:26:57

> 見立て、ハラビロスズミグモ♀では?

疑問符をつける理由が分かりませんが・・・何か腑に落ちない点があるのでしょうか?

> クモの見事な仕事ぶりが…

いい感じですね・・・手触りはどんな感じでしょう?

Re: 薄暗い森の中 - くも子

2017/06/01 (Thu) 06:15:30

ありがとうございます。

?は特別な理由によるものではありません。本種のことをよく知っている方にご教示を…の意を込めまして。

同所にはよく似たキヌアミを張る”キヌアミグモ”が棲息しています。ここに添付した写真のクモがわたしにとってはてなの存在です。

Re: 薄暗い森の中 - くも子

2017/06/01 (Thu) 06:19:51

今回撮った前掲と同一個体です。根拠は薄弱ですがハラビロの幼体ではないかと思ったりです…

Re: 薄暗い森の中 - くも子

2017/11/08 (Wed) 07:06:58

ハラビロスズミグモの網の中心部は、同属のスズミグモがなだらかな山型(ドーム絹網)なのに比べ、ハンモック状ですね。

この写真の網は少し古く、大きな穴が開いており、網主も見つかりませんでした。

クモがいなくともスズミグモの網かハラビロの網か、網主を推測できますが、キヌアミグモも中心部がハンモック型なので、多くの観察例が必要ですね。

それと、きどばんさんの「手触りはどんな感じでしょう?」
図鑑のスズミグモの絹網の解説にある「網は縦糸、横糸ともに粘性が無く…」の通り、粘りませんでした。

(171013)10月、メスは仕事を終え、☆に?

オオスミコガネグモ、卵嚢の中のコグモたち - 夏風

2017/11/02 (Thu) 19:06:45

遅くなりましたが2014/9/2にオオスミコガネグモの卵嚢が完成した後のコグモの様子もお届けします。

一番驚いたのは卵嚢が出来て10日後の9/12には孵化したコグモの一部が外へ出てきたことです。
何気なく卵嚢と寄り添う母グモを写した画像をパソコンで見てやっと気が付いたので外に出てきたのがその日初めてだったのかはわかりませんが、画像で確認出来た一匹は卵そのものに白い足が出たような初々しい姿がちょっと痛々しい位に新鮮でした。

Re: オオスミコガネグモ、卵嚢の中のコグモたち - 夏風

2017/11/02 (Thu) 19:45:34

翌日9/13には足が黒くなった30匹ほどのコグモたちが卵嚢の外へ出てきて釣っている糸の周辺を盛んに動き回っていました。

卵嚢も、中で動き回るコグモたちで膨らんで見え、はみ出しそうになっているコグモたちが見えています。
見守る母グモのまわりでこの状態が9/21頃まで続きました。

Re: オオスミコガネグモ、卵嚢の中のコグモたち - 夏風

2017/11/02 (Thu) 20:01:28

9/19~9/21、オオスミコガネグモの子供たちは、卵嚢の上の部分に集まったり、外へ広がったりを繰り返しながら少したくましくなったように見ます。

上からも見てみました、
たくさんのコグモたちは中でうまく上下入れ替わりながら交代で外へ出てくるのでしょうか、とにかく元気にひしめいていています。
動かずに中でジッとしている時に外からつつくと一斉にざわつき、またすぐ静かになりました。

Re: オオスミコガネグモ、卵嚢の中のコグモたち - 夏風

2017/11/02 (Thu) 20:38:59

9/24、入れてあげたバッタがうまく網のいい場所にかかったのか、母グモが反応して糸で巻き、しばらくしてから食べました。
この頃になると、母グモは卵嚢からいつも離れることが多くなり、コグモたちは外へ出てこなくなりました、卵嚢の中の下の部分で集団になっています。
母グモはその後しばらくして死んでしまいました。
母グモはコグモたちのここまでの成長を見届けたのかもしれません。

そして、翌年4月、コグモたちが出嚢しました。
初めて4月に公園で幼体を見つけた時と同じ赤い色のオオスミコガネグモそのものの姿でした。

Re: オオスミコガネグモ、卵嚢の中のコグモたち - 夏風

2017/11/02 (Thu) 21:05:43

2015/4/8、いつのまにか出嚢したオオスミコガネグの子供たち全部がケースの隙間から外に出てしまいました。

その時のきれいなレース編みのようなコグモたちの様子です。

以上でした。

Re: オオスミコガネグモ、卵嚢の中のコグモたち - きどばん

2017/11/05 (Sun) 20:22:04

単純にコスト面から考えると卵越冬が最もロスが少ないような気もしますが・・・幼体でひしめき合って越冬というのは何らかのメリットがあるんでしょうね。おしくらまんじゅうで自家発電的にエネルギーを得るとか、卵のうが鳥とかに啄まれた時にはみ出た個体がそのまま出のうして生き延びるとか・・・色々想像を掻き立てられますね。

オオスミコガネグモの卵嚢が他にも3個 - 夏風

2017/10/11 (Wed) 21:13:47

いつも書き込みしたままで申し訳ございません。
前回の心配の件についてあまり影響はないと、きどばんさんにお聞き出来て安心しました、ありがとうございました。

きょうまた見に行ってみると、9/29売店の軒下に現れたオオスミコガネグモはいなくなりましたが、樹木のまわりでは新たに三個の卵嚢が見つかりました。
中の一つは公園への入り口付近です。

歩きながら見える場所にこんなにいくつも卵のうが見つかったことにとても驚いています。
もうすでに孵化して卵のうの中で元気に生活しているコグモの集団が見えるようです♪

今大きな色鮮やかなお腹のジョロウグモたちが大きな網をたくさん張っていて、その中にポツンと一匹だけ、産卵間近なオオスミコガネグモが残っていました。

Re: オオスミコガネグモの卵嚢が他にも3個 - きどばん

2017/10/14 (Sat) 22:15:04

> 歩きながら見える場所にこんなにいくつも卵のうが見つかったことにとても驚いています。

拡散期なのかも知れませんね・・・どのようなスイッチが入ったのかは分かりませんが。

※最近になってやっとその美しさに気づいたキンヨウグモ
 171008 東京都八王子市

Re: オオスミコガネグモの卵嚢が他にも3個 - 夏風

2017/11/01 (Wed) 21:59:20

キンヨウグモ、名前は知っていましたがまだ見たことがありません。とてもおしゃれできれいな蜘蛛ですね。

オオスミコガネグモは他の場所でも見つかっているようなので、また来年が楽しみです。
軒下の卵嚢はやはり台風の影響が強いらしく現在2個だけになりました。
樹木の中の卵嚢は形が崩れたり枯葉におおわれたりしながら全部しっかりと残っていました。
孵化したコグモたちの一部が一時のあいだ卵嚢の外に姿を見せる瞬間を自然の中で見たかったのですが、また来年の楽しみにします♪

二回目の飼育の時に、卵のうが出来てから10日ほどでに外に出てきたかわいいいにぎやかなコグモたちの画像をまたあとでお届けしょうと思います。

Re: オオスミコガネグモの卵嚢が他にも3個 - くも子

2017/11/02 (Thu) 07:23:17

>卵のうが出来てから10日ほどでに外に出てきたかわいいいにぎやかなコグモたち…

少しずつ判ってきたこと、新規性をたくさん含んでいますね。すばらしいです。

判っている他種の例を”ものさし”代わりに比べてみるのも…
(東京のコガネグモ:7月末、卵のうに開けた小さな穴からでてきて数日間まどい、のち分散、小さな円網を張りエサを食べて成長、幼体で越冬する。)
(東京のナガコガネグモ:コガネグモに遅れること約1.5ケ月、卵のう内で孵化、分散することなく、そのまま越冬。そのまま初夏まで、のち分散する。)

オオスミコガネグモはコガネグモ型?

Re: オオスミコガネグモの卵嚢が他にも3個 - 夏風

2017/11/02 (Thu) 18:40:06

以前くも子さんにナガコガネグモの卵嚢と出のうの様子をお聞きしてから、近いのかなと思いながら観察しました。
オオスミコガネグモの子供たちが出嚢した後、産座だった部分など抜殻の中を見なかった事にあとで気が付いてちょっと残念でした!
機会がありましたら来年覗いてみるつもりです。

ヒメバチグモ挑戦の記 - くも子

2017/10/18 (Wed) 08:34:39

ヒメバチグモ、このクモの名をご存知でしょうか。
科博の先生が1987年石垣島から記載された世界中のクモの中の超珍種。

2016年にいたり、ハエトリ先生須黒さんが宮古島からの新しい記録をキシダイアに報告。ご本人の現地情報を得てこの5月初挑戦、完敗。今回の再挑戦となりました。

(171017沖縄県宮古島市)

Re: ヒメバチグモ挑戦の記 - くも子

2017/10/19 (Thu) 07:42:43

写真は同一個体【二匹目】体長約2.5ミリメートル
1.下から
2.上から

「日本産クモ類」本種解説部分:体色は全体に明るい黄褐色ないし黄白色。個体によっては、背甲の正中部と側縁部が暗色で、腹部背面に対をなす暗色の斑紋がある(無許可引用しています)。

このクモも今回の一匹目同様、腹部背面に対をなす暗色の斑紋の数が少ない個体です。(10月中旬、斑紋はクモの齢期に関係しているかもしれません。須黒さんの3月2F真謝は成体。)

Re: ヒメバチグモ挑戦の記 - くも子

2017/10/19 (Thu) 08:05:17

写真は同一個体【三匹目】体長約4ミリメートル
1.上斜め横から
2.下横斜めから
3.上から
4.下から

このクモは、途中緩めることなく猛スピードで直進。のち急に何かに寄り添うような場所で静止、しばらくその姿勢を保つようでした。その時が唯一撮るチャンス。

捕獲・撮影まで漕ぎつけることができた成功率は5割以下、30~40%止まりでした。

困難な事象が多かった物語に付け加えるとしたら、ハチの群れに何度も襲われ、手の甲や首筋、耳など10か所近くを刺されたことです。小型の黄色っぽいハチで、追いかけてきます。同じ個所を刺されるとかなり腫れ上がり、激痛は小一時間で薄れましたが、痛痒さと固く盛り上ったところが数日は赤黒く変色したままです。こちらのアシナガバチなどのように、毒針を皮膚に残すようなことはありませんでしたが、まいりました。

ご所見をお寄せ下されたく…と、願っています。

Re: ヒメバチグモ挑戦の記 - きどばん

2017/10/20 (Fri) 22:05:04

生息環境、背甲形状、眼の並びからヒメバチグモ幼体で合っていると思います。台湾にもいそうですね。

Re: ヒメバチグモ挑戦の記 - くも子

2017/10/21 (Sat) 07:59:49

きどばんさん、早々に「ヒメバチグモ幼体で合っていると思います。」というご所見を寄せてくださり、ありがとうございます。

170317我が家に談話会の会報が届き、170421須黒さんに質問メール、170423須黒さんから「真謝漁港付近のススキ原…ある程度どどこにでもいる気がします。」という決定的アドバイスを頂戴して以来、夢の一部が叶ったような気がしてとてもうれしいです。
拙ライフリストに加えることにしたいと思います。成体に出会える日が訪れることを願いつつ…

Re: ヒメバチグモ挑戦の記 - くも子

2017/10/28 (Sat) 08:27:28

”刺毛(しもう)”が撮れている写真を探してみましたが、この程度が精いっぱいでした。

それらの配列がクモの分類に役立っている(「クモの生物学」1987 p.20など)とあり、読み直してみています。

蜘蛛について教えて下さい - 秋馬

2017/10/25 (Wed) 14:59:07

10/24静岡で撮影。15mmくらいです。
私の浅い知識ではヤマシロオニグモかなと思っているのですが、このクモがつかまっているカタマリ?が何かよくわかりません。
ちょっと高い所にあり、反対側が壁でこのアングルくらいしか撮れませんでした。
ヤマシロオニグモでよいのか?また、クモがつかまっているものが何か分かれば教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Re: 蜘蛛について教えて下さい - きどばん

2017/10/27 (Fri) 19:53:18

> ヤマシロオニグモでよいのか?また、クモがつかまっているものが何か

体型、腹背肩部の隆起具合、腹背前方中央の左右非対称な白斑、葉状斑のライン取りと裂刻パターン等からオニグモ♀タイプと思われます。ヤマシロオニグモほど多彩ではありませんが別種と思われるほど多様な色彩変異があります。腹背肩部の隆起具合もサザエの突起並みに幅があります。網に確保している物が何なのかは分かりません。

※添付画像は秋馬さんの投稿画像個体に近い外見のオニグモ♀タイプ。
 050625 東京都練馬区

Re: 蜘蛛について教えて下さい - 秋馬

2017/10/27 (Fri) 23:27:37

きどばんさん、ありがとうございます。
添付していただいた画像のオニグモにそっくりですね。

蜘蛛の名前を教えて下さい。 - たむ

2017/10/24 (Tue) 19:14:55

今年の10月19日に北海道の山奥で見つけた蜘蛛で
大きさは手足を含めると4cmほどの蜘蛛なのですが
調べてみても名前が分からなかったので、
こちらの掲示板をお借りしました。
教えて下さると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Re: 蜘蛛の名前を教えて下さい。 - たむ

2017/10/24 (Tue) 19:17:54

画像の添付を失敗してしまいました、すみません。

Re: 蜘蛛の名前を教えて下さい。 - きどばん

2017/10/24 (Tue) 22:57:44

ツノオニグモと思われます。
色彩変異があるようですし、各個体のコンディション等により腹部形状はかなり異なって見えることが多いです。下記サイトの画像がたむさんの投稿画像に最も似ていますね。
https://twitter.com/ikkyu_haetori/status/916288505969500160

エビグモの仲間でしょうか? - 楽ありゃ蜘蛛あるさ

2017/10/09 (Mon) 13:04:43

車で林道を走っていたら窓にへばり付いているのに気づき、写真に収めました。

エビグモに似ていると思いましたが、お腹の模様で似たものが見あたりませんでした。同じ種でも斑紋はかなり変異がありそうですが…

7月末に新潟で撮影しました。

よろしければ名前を教えてください。

Re: エビグモの仲間でしょうか? - きどばん

2017/10/09 (Mon) 21:58:08

パッと見の判断ですが・・・セマルトラフカニグモと思われます。
斑紋パターンは多彩かつトラフカニグモに非常に似ています・・・新潟なら二者択一でしょう。腹部後端が丸っこいのがセマルトラフカニグモで角張っているのがトラフカニグモ、というのがクモ屋の一般常識ですが・・・クモの腹部形状というのは同個体でもコンディションにより大きく変わって見えます・・・まるで別種のように。写真だけで判断するのは実際にはかなり難しいのですが・・・勘と経験と度胸でセマルトラフカニグモ・・・です。

ありがとうございました - 楽ありゃ蜘蛛あるさ

2017/10/14 (Sat) 00:26:05

きどばん様


セマルトラフカニグモで確認しました。
この名前を入れて画像検索をしてみてナルホドでした。同じ種のクモとは思えないほど多彩な模様の持ち主でした。図鑑での絵あわせだけでは到底たどり着けない答えでした。
熟練するしかないのですね。
毎度丁寧に教えていただき、ありがとうございました。

キンカタハリオニグモ - くも子

2017/10/02 (Mon) 06:14:47

標高が増すとよく目につきます。蝕肢の膨らんでいるものは今回が初めてでした。

(170923長野県下高井郡)

Re: キンカタハリオニグモ - きどばん

2017/10/06 (Fri) 17:31:08

肢太のためかごつい印象。

※オウギグモ♂ 170930 東京都八王子市

Re: キンカタハリオニグモ - きどばん

2017/10/06 (Fri) 17:34:25

団居で脱皮しているから3齢ですかね。

※イオウイロハシリグモ幼体 170930 東京都八王子市

Re: キンカタハリオニグモ - きどばん

2017/10/06 (Fri) 17:41:26

造形美という観点からはやはり昆虫類に後塵を拝する・・・

※ミヤマシギゾウムシ 170930 東京都八王子市

Re: キンカタハリオニグモ - きどばん

2017/10/06 (Fri) 17:44:37

※ジャコウアゲハ蛹。この中で行われていることは生物界最大の神秘です。 170930 東京都八王子市

Re: キンカタハリオニグモ - くも子

2017/10/07 (Sat) 05:50:00

>やはり亜成体越冬なんですかね。
とにかく♂亜成体が目につきました。キンカタハリオニグモ、チリコモリグモ、タカネエビスグモ、ホオジロハエトリ、オビボソカニグモ、キタグニオニグモ…

恐縮ですが、個体数多寡上位で見つけやすい代表種ジョロウグモの今を…

ナメクジが何よりも苦手…というクモ博士のはなしは有名、知らぬ人とてない?

ミヤマシギゾウムシが棲息している八王子市ってすごいです。
かつての追っかけ対象ダイシャク・チュウシャク・コシャク…久しぶりに思い出しました。シャク関連ではソリハシ・オオソリハシとかも、このところトンとご無沙汰で残念です。

とにかくたくさんの群れが見られる場所を求めて徘徊しました。日没時の谷津…チュウシャクが塒を求め500羽超集結する。今は? 
正月の行徳、5万羽のスズガモの飛翔。荒川の少し下流上平井水門干潟、3千羽のホシハジロ…
はじっこから順に全部みてメジロガモ・アカハジロなどといった珍種が混じっていないかを確かめる…あのころは時間を気にする必要がありませんでしたが、今は残り時間が…

(171002東京都足立区)

秋深し - くも子

2017/10/04 (Wed) 05:17:36

住まい近くに”足立区都市農業公園”というのがあります。

稲穂が頭を垂れる刈り入れ寸前の美しい水田風景がみたい…そんな気持ちが湧いてきまして、久しぶりに訪れました。

(171003東京都足立区)

Re: 秋深し - きどばん

2017/10/06 (Fri) 18:18:58

ほんと10年前は立ったまま見分けられたんですが・・・最近はかがんで追っかけないと分からない。
ハリゲコモリグモ幼体。 170930 東京都八王子市

Re: 秋深し - きどばん

2017/10/06 (Fri) 18:22:16

何度も同じことを言っているようですが・・・どんな風に見ているか・・・感じているか興味深いです。 170930 東京都八王子市

Re: 秋深し - きどばん

2017/10/06 (Fri) 18:35:11

とある駅の跨線橋。以前大きく過半数割れして政権を明け渡しましたが・・・ざっとカウントして42個体・・・圧倒的安定政権を取り戻したようです。

※イエオニグモ♀ 170930 東京都八王子市

Re: 秋深し - きどばん

2017/10/06 (Fri) 18:47:01

当日1匹しか確認出来なかったズグロオニグモ♀。42:1 ・・・もはや逆転不可能のようにも思えますが・・・彼女の表情に挫折感は感じられませんでした。 170930 東京都八王子市

Re: 秋深し - くも子

2017/10/07 (Sat) 05:39:38

超豪華なスレッドにして戴き、とてもうれしいです。

美しい白帯づくりの名人コガタコガネグモですが、無白帯の…ですか。わたし的には、コガタコガネはあのトリフン類が多産する川崎市の公園。上の方のポイントが、多寡的にも気に入ってます。

東京の八王子市という異国の物語、月の引力で1日2回汐が大きく動く葦立の国との違いが少しずつ解かってきた…でしょうか?

我が家から100mのスミダ川に架かる橋の住人はズグロオニグモ、今のところ安定政権を保っています。特に、夏の夕方など一斉に仕事を始めます。こんなにいたんだ…それに気が付いているヒト、居りませんけど。

この蜘蛛の名前を教えて下さい - 小野寺

2017/09/02 (Sat) 15:01:55

頭は黒く、胴はオレンジ、おしりは黒かったです。
体長は2cm位、足も入れると5cm位でしょうか。
岩手で見つけました。

Re: この蜘蛛の名前を教えて下さい - きどばん

2017/09/02 (Sat) 19:16:17

カバキコマチグモのようですね。

Re: この蜘蛛の名前を教えて下さい - 小野寺

2017/10/06 (Fri) 16:14:51

ありがとうございます。

キタグニオニグモ - くも子

2017/09/25 (Mon) 07:05:30

クモ学者松田さんの「神秘に満ちたキタグニオニグモ」(2007年06年08日)の項は何度読んでも…夢のような稀有なるご体験。
キタグニオノグモは針葉樹の原生林のクモ…

今回の小旅行で、わたしは初めてこのクモに出会うことができました。手の小指の爪ほどの大きさ、♂亜成体のようです。この美しい色を表現する言葉を知りません。

標高2,000メートル。昼前、高山植物園の中の遊歩道わき、背丈にも満たない針葉樹の幼樹上にじっとしていました。

(170923長野県下高井郡)

Re: キタグニオニグモ - くも子

2017/09/25 (Mon) 07:19:36

どの角度から見ても、この美しさは類がない。

Re: キタグニオニグモ - くも子

2017/09/25 (Mon) 07:25:28

撮る前に逃げられては一生後悔が残る…(と、いつものケチな気持ちが湧いてきます。)

慎重に、ポケットの小さなプラ容器に一時収容。存分に撮らしてもらい、感謝をこめて解放。
近くの東館山神社の神様に頭を下げ、大きな声でお礼の気持ちを述べました…うれしかった。

Re: キタグニオニグモ - きどばん

2017/09/30 (Sat) 02:34:19

> 手の小指の爪ほどの大きさ、♂亜成体のようです。この美しい色を表現する言葉を知りません。

いいですね~。クモそのものの個体差や見る側の個人的価値観の違いがありますが・・・私的にはコケオニグモより数段美しいと思っています。

> 慎重に、ポケットの小さなプラ容器に一時収容。存分に撮らしてもらい、感謝をこめて解放。
> 近くの東館山神社の神様に頭を下げ、大きな声でお礼の気持ちを述べました…うれしかった。

クモ子さんのクモに対する愛情がひしひしと伝わってきます。
私的には♂亜成体を捕獲しながら脱皮を待たずに解放する、という人道的行為が受け入れ難く・・・(笑)

Re: キタグニオニグモ - くも子

2017/10/02 (Mon) 05:53:57

きどばんさん、ご所見ありがとうございます。

わが国固有種、観察例が多くないクモに出会えて幸運だったと思っています。
常識からの逸脱、ハハハ~お褒めの言葉?だと…

あまり良い写真を残すことができませんでした。クモ好きのみなさまに、価値あるビジュアル情報の公開をと願うばかりです。

種名を教えてください - 秋馬

2017/09/30 (Sat) 21:33:25

9/29、静岡県、1センチくらい。
里山の野外トイレでガガンボを捕っていました。

Re: 種名を教えてください - きどばん

2017/10/01 (Sun) 20:40:59

ムツバハエトリのようですね。

Re: 種名を教えてください - 秋馬

2017/10/01 (Sun) 22:20:21

ありがとうございました。
ムツバハエトリで確認できました。

産卵前のオオスミコガネグモが軒下にもう一匹 - 夏風

2017/09/29 (Fri) 12:01:34

最初に8/17にオオスミコガネグモの卵のうが出来てから一か月以上たった9/28、大きなお腹の立派なメスがまた一匹軒下に現れました。

この体型は近いうちに産卵しそうです。
オオスミコガネグモは、外で餌をたくさん食べたあと、
この軒下に卵のうを作るために移動して来たとしか思えません!

ツツジの植え込みの中の卵嚢にはまだ元気そうな母グモが卵のうに寄り添っていました。
もうすでに孵化したコグモたちがこの卵のうの中でひしめき合っている様子が思い出されました!

そして、外に出てきた一部のコグモたちが卵のうのまわりを動き回っている姿はこの卵嚢では見られませんでしたが、
飼育観察時の、かわいいコグモたちの行動と近くで見守っている母グモの様子が思い出されました。

椿の森の中ではかなり低い位置にまだ網を張っているオオスミコガネグモを通路かから数匹見ました。

軒下の卵嚢は、風当たりの強い場所にあった一つが無くなって9/28現在3個残っています。
また現れた大きな母グモに、立派な卵のうを作ってほしいと願いながら管理人さんと一緒に眺めました♪

撮影2017/9/28

Re: 産卵前のオオスミコガネグモが軒下にもう一匹 - 夏風

2017/09/29 (Fri) 12:11:04

9/28のツツジの植え込みの中の卵嚢と母グモです。
お腹の背面に、傷のような大きなシミのようなものがありました。
卵のうの下の方がかなりほつれていましたが、コグモたちが上の方に集まっているらしい黒い影が見えます。

Re: 産卵前のオオスミコガネグモが軒下にもう一匹 - きどばん

2017/09/30 (Sat) 02:53:54

引き続きの貴重な情報提供ありがとうございます<(_ _*)>
「オオスミコガネグモの楽園」的イメージですが・・・環境的にジョロウグモやスズミグモとの競合はないんですかね?

Re: 産卵前のオオスミコガネグモが軒下にもう一匹 - 夏風

2017/09/30 (Sat) 11:47:25

そんな気がします。
この環境がこの先も続くといいのですが。

大きな蜘蛛は他にジョロウグモやナガコガネグモ、少ないですがコガネグモなどいます。

以前からスズミグモがいない事が気になり気を付けていましたが今まで一度も見たことがありません。

小さなクモはかなりたくさんいるようです。
ホシミドリヒメグモ、ギボシヒメグモ、コガネヒメグモ、アカイロトリノフンダマシ、サツマノミダマシ、ハンゲツオスナキグモなど・・・ほかにもたくさん。

一度だけスズミグモの卵嚢を持ち帰り観察したことがありますが、大きな体のわりに小さめの卵嚢などの関係なのか出のうの時期やまどいなど、オオスミコガネグモとはかなり違いました。

スズミグモはわが家のまわりにも網を張ったことがあり、鹿児島市ではスズミグモはもっと低い山や平地に近い公園、海沿いの公園などに多いようです。

Re: 産卵前のオオスミコガネグモが軒下にもう一匹 - 夏風

2017/09/30 (Sat) 12:10:20

追加します!

スズミグモとオオスミコガネグモは時期が重なっているような気がします。
ジョロウグモはここでも低い位置やかなり高い場所にも大きな網を張っていますが、大きくなる時期にはオオスミコガネグモはそろそろいなくなるようです。

今回の展開が自然環境のほかに、もしかすると家の中で飼育したコグモ達をまた山に戻した事も影響しているのではないかとちょっと気になったりもしています!()!

Re: 産卵前のオオスミコガネグモが軒下にもう一匹 - きどばん

2017/10/01 (Sun) 20:38:34

いくつかのパターンで住み分けているようですね。
ありがとうございます。
ご心配なされている「影響」は極めて微々たるものであると思われます。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.